【海外試乗】「メルセデス・ベンツSクラス」現代の最新技術が余すところなく投入された正真正銘のフラッグシップ

2021/01/02 17:00

現代の最新技術が余すところなく投入された正真正銘のフラッグシッププレミアムセダンのベンチマーク的存在として、長きに渡り君臨しているメルセデス・ベンツSクラスが7年振りにフルモデルチェンジ、7代目へと進化を遂げた。今回は刷新されたデザインも目を引くが、最大のトピックは大幅に進化したインフォテイメントシステムと、てんこ盛りともいえる先進技術の投入だ。

世界最高のラグジャリーセダンの座は渡さない

自他ともにベストカー・イン・ザ・ワールドと認められているメルセデス・ベンツSクラスの11代目(W223)が誕生した。

コンフォートな乗り心地はそのままに、スポーティな走りも許容してくれる懐の深い乗り味を披露するのが新型Sクラスの美点だ。

7年前から市場投入されていた現行Sクラス(W222)の販売台数はおよそ50万台と、もちろんラクジュアリーセグメントナンバーワンで、Sクラスはメルセデス・ベンツにとって単にシンボリックな存在なだけでなく、実質的な稼ぎ頭でもあるのだ。また現在ではSクラスの30%以上は中国で販売され、その90%がロングホイールベース、さらにオーナー年齢は40歳代と非常に若い。

全体的なフォルムは大きく変わっていないが、リアデザインは一新。控えめな印象が現オーナーからどう評価されるかが気になるところだ。

意外な事実は韓国市場の伸びで、日本を軽く追い越して輸出先国では中国、アメリカに次ぐ3位に入っている。
このニューSクラスの試乗会はシュツットガルト空港で行われたのだが、なんと集合場所は駐車場ビルだった。もちろんコロナ禍ゆえに、例年のような大規模なイベントは無理だとは思っていたが、Sクラスにしては意外な場所だ。

発売当初に用意されるパワートレインは、3L直6ガソリンユニットが2種と、同じく3L直6ディーゼルが2種の計4種がラインナップ。後に4L V8のマイルドHVモデルとプラグインHVモデルが追加される予定だ。

しかしこれにはちょっとした演出があった。駐車場の出口でスマートフォンを渡されたあと、指示通りの操作をして待っていると、無人のSクラスが目に前に現れたのである! すなわち試乗車には来年から導入が予定されている自動バレー・パーキング・システム(AVP)が搭載されており、ここでデモンストレーションが行なわれたのだ。

シュツットガルト空港の駐車場では、メルセデス・ベンツとボッシュ、そして駐車場運営会社のApcoaの3社が共同で開発を進めている、ドライバーレスの自動バレーパーキング(AVP)システムを体験することができた。

ニューSクラスのエクステリアデザインはキープコンセプトで、サイドへ回り込んだヘッドライトやシャープなテールライト以外に大きな変化はないが、ショートホイールベースで全長5.18m、全幅1.95m、全高1.50m、そしてホイールベースは3.11mと、現行モデルより5・4cm長く、5.5cmワイドになった。一方で高さはわずか1cm増なのでスリムになった感じだ。実際にCd値を見ても、このクラスでは最良の0.22となっている。

よりシャープな形状となったヘッドライトは、260万画素もの解像度を持つ「デジタルヘッドライト」をオプションで採用。自車前方へワーニングのアイコンを投影することも可能だ。

ドライバーが近づくと伸びてくるリトラクタブル式の自動ドアノブは、例えばポルシェ911のそれとは違って材質と作りはソリッドで形状も素晴らしく、豪華なリムジンにはふさわしいもの。キャビンに入ると、まず正面に12.3インチ、そしてダッシュボード中央には12.8インチのOLED大型ディスプレイが並んでいる。正面のディスプレイにはオプションの3Dシステムが組み込まれていたが、情報を読み取るには特に利点はなさそうだ。一方フロントガラスには、77インチ画面に相当するサイズの映像を写す、AR機能付きのヘッドアップディスプレイが備わっており、これは非常に見やすくナビガイダンスも効果的であった。

リアコンビランプもシャープな形状へとデザインが一新されている。

メインモニターにPINコード(あるいは顔、指紋、音声などの生体認証も可)を入力すると、ウエルカムメッセージと共にスタートの準備が整う。

ドアハンドルは収納式も用意されており、これは全幅を小さくするだけでなく、空力的にも有効だという。

ところで「ハイ、メルセデス」でお馴染みのMBUXは、27カ国語、そして母国語以外を話すドライバー/パッセンジャーの多少のアクセントも理解するようになったので安心して話しかけることができる。

最大19個(助手席)の電気モーターでアジャストやマッサージを行うたっぷりしたクッションと、ゆったりと体をホールドする形状のシートに身を預け車内を見渡すと、アルミ、高級レザーそして豪華ヨット風のデザインに仕上げたウッドを使い、1.6cm間隔で埋め込まれた合計250灯のLEDによるインテリア照明が用意されたキャビンは、快適に過ごせるラウンジのようだった。

リラックスしてくつろげる空間作りがなされたコクピット。

メルセデスは単に快適性を求めるのでなく、むしろドライバーやパッセンジャーのための癒しの空間を目指しており、Sクラスのキャビンを「ウエルネス・オアシス」と名付けている。

音声認識システムのMBUXは、27ヵ国語を認識し、AIを利用した学習機能も併せ持つなど一層進化した。

リポート=木村好宏/Yoshihiro KImura ルボラン2021年1月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!