”世界の”「マツダ・ロードスター」がオトナの嗜好に対応するマイナーチェンジを実施!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/12/10 18:00

新型「ロードスター」に設定された「RSホワイト・リミテッド・セレクション」は2021年3月末までの期間限定販売

マツダは、小型オープンスポーツカー「マツダ・ロードスター(ソフトトップモデル)」、「マツダ・ロードスターRF(リトラクタブルハードトップモデル)」を一部改良。全国の販売店を通じて、12月10日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、ロードスターが2,601,500円~3,615,700円。ロードスターRFは3,439,700円~4,182,200円となっている。

ロードスターは、1989年に初代がデビューして以来、4代にわたって2人乗り小型オープンスポーツカーとしては異例の110万台以上を販売。最も成功したスポーツカーのひとつとして、世界的な支持を集めている。

今回の商品改良では、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”」をさらに深め、ロードスターとともに過ごすカーライフを通じてユーザーの人生がより輝くものになることを目指して実施されたもの。具体的には、内外装色を新たに追加。オープンカーならではの幌とボディ、インテリアのカラーコーディネーションの楽しさが広げられた。

インテリアでは、滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザー内装に新色「ピュアホワイト」を設定、明るいトーンでより解放感を高めた空間を演出。また、ボディカラーには、深みのある透明感と鮮やかさを両立し、エレガントさを際立たせる「ディープクリスタルブルーマイカ」を新設定している。

さらに、ピュアホワイトのインテリアに加えて走りの楽しさを高めるブレンボ社製ブレーキ、レイズ社製アルミホイール(ソフトトップモデル)、BBS社製アルミホイール(リトラクタブルハードトップモデル)を装着し、エレガントさとスポーティさを調和させた「RSホワイト・リミテッド・セレクション」を2021年3月31日までの期間限定で発売した。

「マツダ ロードスター」および「マツダ ロードスター RF」の商品改良の概要

●マツダ・ロードスター/マツダ・ロードスターRF共通
・ピュアホワイトのナッパレザーインテリア
・新機種「ホワイトセレクション」を設定
滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザー内装のインテリアカラーに新色「ピュアホワイト」を設定し、明るいトーンにより解放感を高めた空間を演出している。
「ロードスター」:「Sレザーパッケージ・ホワイトセレクション」
「ロードスター RF」:「VS ホワイトセレクション」

●新グレード「RSホワイト・リミテッド・セレクション」
ピュアホワイトのナッパレザーインテリアに加え、走行性能を高める機能部品を装着した新グレード。ビルシュタイン社製ダンパーを装着、ハンドリングを訴求するRSをベースに走る楽しさと、ピュアホワイトシート(ナッパレザー)によるエレガントさを調和したスポーティでエレガントな機種となっている。消費税込みの車両本体価格は、「ロードスターRSホワイト・リミテッド・セレクション」が3,615,700円、「ロードスターRFホワイト・リミテッド・セレクション」が4,182,200円。
販売期間:2020年12月10日から2021年3月31日まで注文受け付け

●主要装備
「ロードスター」/「ロードスター RF」ともに、「RS」の装備に加え、以下の装備を追加
・ピュアホワイトシート(ナッパレザー):(ロードスター/ロードスター RF共通)
・ブレンボ社製フロントブレーキ:(ロードスター/ロードスター RF共通)
・レイズ社製鍛造16インチアルミホイール:(ロードスターのみ)
・ガラス製リアウィンドー付ソフトトップ(クロス・インシュレーター付、ロードスターのみ)
・BBS社製鍛造17インチアルミホイール:(ロードスターRFのみ)
・ボディカラーに「ディープクリスタルブルーマイカ」を採用(100周年特別記念車を除く全車)。従来のエターナルブルーマイカに替えて、ディープクリスタルブルーマイカをラインアップ。深みのある透明感と鮮やかさを両立したカラーが、ロードスターの造形がもつエレガントさを際立たせている。

情報サイト
「マツダ ロードスター」:https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/
「マツダ ロードスター RF」:https://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!