【2020年秋、ドイツ車トップ10!】「第1位・ポルシェ 911」スポーツカーの永遠のアイドル

2020/10/29 07:00

1963年に初代が登場して以来、RRレイアウトを踏襲するスポーツカーというコンセプトを継承しながら、昨年には第8世代と生まれ変わったタイプ992ことポルシェ911。数あるドイツ車の中から、ベストテン第1位はこのモデルだった。

基本は変わらず、常に進化している

ポルシェ911の魅力のひとつは「変わらない」ということだ。外観は、言わずもがなだろう。水平対向6気筒エンジンも、それを車体後端に積む基本レイアウトも、ずっと継承されている。

PORSCHE 911 CARRERA

走らせても、やはり裏切られることはない。ターボ化されても、背後から響くのは“あの”フラットシックスの鼓動。やはり癖や扱いやすさは丸められてきたが、リアエンジンならではのフットワークも健在だ。スイートスポットにハマッた時の快感は、他では得られないものだと言っていい。
一方で「常に進化している」のも911だ。最新の992で限界がさらに高められ、快適性も向上。雨天時の安定性を担保するウェットモードも備わった。一見変わらない見た目も、コクピットがデジタル化され、リアビューはLEDストリップが鮮やかに輝く。しかもこれらは、過去のモチーフをうまく活かした技アリのデザインなのだから堪らない。
価格はじわじわ上昇しているし、サイズも拡大してはきたけれど、それでも911はあくまで911のままで、いつもそこにいる。しかも見れば、乗れば、間違いなく進化を感じさせるかたちで。
スポーツカーの、そしてドイツ車の、色褪せない永遠のアイドル。それがポルシェ911である。

島下泰久/Y.Shimashita

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2020年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!