メルセデス・ベンツとボッシュがシュトゥットガルト空港への完全自動パーキング導入を計画中!

AUTHOR

新型「メルセデス・ベンツSクラス」で設定可能な世界初の「レベル4」自動運転機能を活用

メルセデス・ベンツとボッシュ、そして駐車場運営会社のApcoaの3社はこのほど、協働でドイツ・シュトゥットガルト空港にドライバーレスの完全自動駐車システムを導入する計画を明らかにし、現在実現に向けて準備を進めていることを発表した。

この計画は、自動駐車を通じて空港におけるカーユーザーのストレス軽減に貢献したいとの考えによるもの。メルセデス・ベンツとボッシュはその実現のために、共同開発を進める自動バレーパーキング(AVP)システムを営業運用に向けて整備を進めている。

先ごろ本国で発表された新型「メルセデス・ベンツSクラス」には、スマートフォンによる操作で、予約済みの駐車スペースに車両が自動的に駐車することを可能にする「インテリジェントパークパイロット」に対応する車両側の設定が、オプションで選択できるようになっている。新型Sクラスは、2番目に高い自動運転レベル「SAEレベル4」の自動運転機能に必要な事前設定がなされた世界初の車両なのだ。

この機能があれば、駐車場に着いたドライバーは所定の乗降エリアにクルマを停車させるだけで、あとはスマートフォンを操作すれば、予約した駐車位置までクルマが勝手に自律走行し駐車してくれる。また、駐車場から出庫する際もドライバーが駐車場に向かうまでの間にスマートフォンの操作をすれば、クルマが駐車していた場所から自律走行し、乗降エリアで迎えてくれる。

これによりドライバーは駐車にかかる時間を節約でき、駐めた車両までの距離を歩く必要がなくなるというメリットが得られるわけだが、実現に向けては今のところ、適切なインフラを備えた駐車場が将来利用できるようになること、そして国の立法機関がAVPを承認することが条件となっている。

自動駐車サービスの商用化に向けたパイロットテストは、シュトゥットガルト空港のP6駐車場にて実施。ここでは、新型Sクラスに搭載された車両技術が、ボッシュのインテリジェントなインフラおよびApcoaが提供するデジタルプラットフォーム「APCOA FLOW」とどのように連携するのかをテスト。APCOA FLOWは、駐車スペースの予約から駐車場への非接触入場、完全自動支払いと請求、非接触退出にいたるまで、駐車の負担軽減に役立つプラットフォームである。

このプラットフォームにより、駐車プロセス全体がチケットレスかつキャッシュレスとなる。「Apcoa、ボッシュ、メルセデス・ベンツ、およびシュトゥットガルト空港は、駐車を完全自動化するために協力したいと考えています」と、ボッシュのコネクテッドモビリティソリューションズ事業部で経営メンバーを務めるChristoph Hartung氏は述べている。

現在、空港の駐車場では、自動バレーパーキングサービス計画のパイロットテストに向けて準備が進められており、シュトゥットガルト空港での新型Sクラスを用いたパイロットテストを通じて、車両、インフラ技術、および駐車場運営会社の間の連携が円滑に行なわれ、利用者のために最適化されているかを確認している。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!