航続距離は最大520km! コンパクトSUVの新型ピュアEV「フォルクスワーゲンID.4」がワールドプレミア

AUTHOR

204psを発生するモーターで後輪を駆動。8.5秒の0-100km/h加速と160km/hの最高速をマーク

9月23日、フォルクスワーゲンは「ID.3」に続く新世代ピュアEV第2弾となるコンパクトSUV、「ID.4」を発表した。

コンパクトハッチバックモデルのID.3と同様に、ID.4にもモジュール式電気駆動マトリックスプラットフォーム「MEB」を採用。

204psを発するモーターはリヤアクスルに搭載され、後輪を駆動する。これにより0-100km/h加速を8.5秒でこなす加速性能が与えられている。最高速度は160km/hに届く。キャビン床下に敷き詰められるバッテリーは最大で77kWhのエネルギーを貯蔵でき、最高520kmの航続距離を実現する。

全長は4.58mとコンパクトと呼べるサイズとなっているが居住性は高く、荷室は543Lを確保。後席の4:6分割可倒式シートバックのアレンジで荷室容量は最大1575Lに広げられる。最低地上高は210mm確保されているため、オフロードでの優れた走破性もID.4の特徴となっている。

エクステリアはアスレチックなプロポーションで、モダンなデザインでまとめられている。エアロダイナミクス性も追求されており、空気抵抗係数(Cd値)は0.28を実現。

前後のライトはすべてLEDで構成されており、最高レベルのバージョンとして用意された「IQ.Light LEDマトリックスヘッドライト」と「3D LEDテールライト」の組み合わせは、インテリジェントな照射を制御する。最大で21インチまで設定されているホイールは、十分確保された地上高とともにSUVらしいルックスにひと役買っている。

物理スイッチを極力廃したインテリアのデザインは、新世代EVと呼ぶにふさわしい近未来感を発散する。センターパネルのタッチディスプレイは最大12インチが設定され、音声制御機能を備えたインフォテイメントシステムを組み合わせる。

ID.4は世界的に活況を呈しているコンパクトSUVセグメントに、フォルクスワーゲンが自信を持って導入する新型EV。欧州だけでなく中国や米国でも生産・販売される計画だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!