【スクープ】V12気筒フェラーリ最後のニューモデル? 「812スーパーファスト」の過激モデルをキャッチ!

2020/09/25 07:00

搭載する6.5LのV12気筒は900㎰オーバーに到達か?

現在、フェラーリは「812スーパーファスト」のさらなる高性能バージョンを開発している模様だが、その最新プロトタイプをカメラがキャッチした。812スーパーファストは、ジュネーブモーターショー2017にて「F12ベルリネッタ/F12tdf」の後継モデルとして初公開。その名が示す通り、最高出力800psを発揮するV12気筒エンジンを搭載するフェラーリ史上もっともパワフルなフラッグシップモデルだ。

カメラに捕捉されたプロトタイプは2台で、どちらもダミーながら攻撃的なエクステリアパーツを装備している。そのデザイン詳細は不明だが、フェンダーがワイド化されているほか、いずれもエキゾーストパイプ周辺にエアアウトレットが新設されている。また、「AT01」のナンバーを装着したプロトタイプには助手席側下にケーブルを隠すダクトテープも確認できる。

812スーパーファストのパワーユニットは、6.5LのV型12気筒自然吸気で最高出力は800ps、最大トルク718Nmを発揮する。一方、この高性能バージョンでは、排気量はそのままに最高出力が900ps以上に引き上げられているという。

その市販時の車名は「812GTO」との説が有力だが、フェラーリではこれが最後のV12エンジンを搭載したニューモデルとの噂もある。同社では2020年内に2つの新型モデルを発表するとアナウンスしており、1台はこの812GTO。そして、もう1台は「SF90ストラダーレ・スパイダー」になると予想されている。また、GTOという車名から察せられる通り812GTOは限定モデルとなるようだ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!