セダン、エステート、SUVの人気モデルが揃い踏み。ボルボ60シリーズのベストチョイスは?

AUTHOR
2020/06/30 12:00

ボルボの販売台数は日本国内のみならず世界的にも好調だが、その立役者とも言えるのがミドルレンジの60シリーズ。ドイツ勢のメルセデス・ベンツCクラス、 BMW3シリーズなど、強力なライバルに引けを取らない実力やオリジナリティは周知の通りだ。そんな人気シリーズの中から、いま本当にオススメできるモデルを考察した。

新しいボルボが凝縮し最適解と言えるV60

現行型XC90以降のモデルで、ボルボのデザイナーは世間一般がイメージするボルボらしさを、決して過去に引っ張られることなく、かといって疎かにすることなく、その絶妙なバランスをもってモダンに表現することに成功した。端的に言って“最適解”を見つけたのだ。ブランドの主軸であり伝統的といっていいクラス&カテゴリー=ミドルレンジエステートのV60にそれが最も鮮やかに現れたことには、その登場時、感動すら覚えたものだった。

VOLVO V60 T5 INSCRIPTION/ボルボの顔とも言えるプレミアムエステート。

それほどV60のワゴンスタイルは美しい。スクエアな雰囲気を醸し出しつつ、サイドのラインやフェンダーの膨らみで十分に柔らかさも演出した。ダイナミックなのに落ち着いて見えるとでも言おうか。最新世代のボルボラインナップに共通する美点だろう。

VOLVO V60 T5 INSCRIPTION/ラゲッジスペース容量はクラストップレベルの529Lを確保。後席の格納は荷室開口部付近にあるスイッチで操作可能だ。その脇にはDC12Vアウトレットも用意される。

走りにも十分見どころがある。ドイツ勢をそれほど意識しなかった点がよかった。微速域における操作感はドイツ車にはないもので“たおやか”と表現するにふさわしい。それでいて、常用域から高速域にかけては、最新モデルらしく手応えのしっかりとした、ドライバーに忠実な動きに徹する。このあたりの塩梅も上手だ。T5で十分にその良さを満喫できるが、どうしてもハイブリッドというならT6でもいい。

VOLVO V60 T5 INSCRIPTION

独自のデザイン性とダイナミクス性能が魅力のXC60

パーソナルチョイスの主流がSUVスタイルになったとみるや、ブランド躍進の糧をそこに集中して求めたボルボの大胆な戦略には驚かされたものだった。各セグメントの世代初出しモデルをSUVにしたのだ。60系ではこのXC60シリーズが最初だった。2017年のことである。

VOLVO XC60 T8 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION/ドイツ勢とは違ったプレミアム性が味わえる。

独プレミアム勢によってあらかた地ならしを終えたセグメントだったとはいえ、独自のデザイン性とダイナミクス性能で切り込んだ点はV60と同じ。XC60のコンセプトがその後の60系シリーズ全てにおいて貫かれた。

VOLVO XC60 T8 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION

XC90に比べてスポーティさを強調するスタイルは、けれどもボルボらしいと思わせるに十分で、特にフェンダーのラインやエンドピラーまわりのデザインでブランドの最新を表現した。

VOLVO XC60 T8 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION/プラグインハイブリッド仕様のT8の荷室容量は468〜1395L。T8以外のグレードは505〜1432Lと大きい。XC60は現行の60シリーズの中では最もラインナップが充実している。

セダンのような乗り味をむやみに追求するのではなく、そこはSUVらしくタッパのあるタイヤを生かした柔らかな走り出しとし、けれども実用速度域に達してからはSUVでありながらドライバーの操作に自然な反応をみせるという非凡なダイナミクス性能を有している。

VOLVO XC60 T8 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION

ガソリン、ハイブリッドの他ディーゼルのラインナップもあって選択は悩ましい。ベストチョイスはD4モメンタムだろうか。

フォト=柏田芳敬/Y.Kashiwada、大木文彦/F.Oki、安井宏充/H.Yasui(Weekend.) ル・ボラン2020年7月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!