ひとまずはピリオド! 「BMW i8」の最終生産分がラインオフ

AUTHOR
2020/06/30 10:00

設定のないカスタムオーダーにも特別に対応。同社のパーソナライゼーションプログラムのレベルの高さを実証

BMWは6月25日、今春で生産終了が予告されていた「BMW i8」の最終出荷分18台が、ドイツ・ライプツィヒ工場からラインオフされたことを報じた。

最後に生産された18台のi8は、各オーナーの思い思いのカスタマイズが施され、どれも個性的に仕上げられたものばかり。なかには設定していないボディカラーのオーダーが含まれていたり、特別なトリムストリップやデコレーションパネルの装着など、生産プロセスがより複雑になる個体もあったが、カスタマーのオーダーにしっかりと応えられる仕上がりになったとのこと。

同工場で責任者を務めるハンス・ピーター・ケムサー氏は次のようにコメントしている。
「我々は独自のソリューションと比類なきスキルによって、非常に目の肥えたお客様の求めるパーソナライゼーションに対応できることを証明しました。BMW i8の生産が有終の美を飾れたことは、我々スタッフ全員、とても誇りに思います」

BMW i8クラブ・インターナショナルのメンバーを含む一部のカスタマーはラインオフ当日、同工場に立ち会い、各々がオーダーしたi8を引き渡された。BMW i8クラブのクラウス・ディーター・バックマン会長は、以下のように述べている。

「この日は私たちi8クラブメンバーにとってのハイライト。BMW i8はまさにドリームカーです。BMWグループとライプツィヒ工場は、本当に素晴らしいものを可能にしてくれました」

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!