外観は独自デザイン! トヨタが新コンパクトSUVの「ヤリスクロス」を発表

AUTHOR
2020/04/27 13:00

発売は今秋の予定。パワーユニットは1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2機種

4月23日、トヨタは今年3月のジュネーブ・モーターショー(新型コロナウイルス感染拡大のため開催中止)で世界初披露する予定だった新型車「ヤリスクロス」を発表した。トヨタの主力コンパクトカーであるヤリスの資質を継承する新たなSUVとして、日本では2020年秋に、欧州では2021年半ばに発売する予定だ。

ヤリスクロスは「走る楽しさへのこだわり」、「クラスを超えた質感」といったヤリスの魅力を受け継ぎながら、都市型コンパクトSUVの再定義を目指して開発。

ヤリスと同じコンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)と、一新したハイブリッドシステムの採用などにより、高次元の基本性能と環境性能を実現。また、全長4180×全幅1765×全高1560mm、ホイールベース2560mm(いずれも社内測定値)という取り回しの良いボディサイズと、居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を両立させている。

エクステリアデザインはヤリスクロス専用で、シンプルながらもSUVならではの“ロバスト”(頑強さ)を表現。インテリアデザインも、ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形が採用されている。

パワートレインは、1.5L直列3気筒エンジン+ダイレクトシフトCVTと1.5Lハイブリッド(トヨタハイブリッシステムⅡ)の2機種で、いずれも駆動方式はFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)が設定される予定だ。

なお、日本市場向けにはトヨタ自動車東日本が、欧州市場向けにはフランス工場での生産が予定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!