ピュアEVのワンメイクレース、「ジャガーIペイスeトロフィー」で初参戦の青木拓磨選手が早くも表彰台に

H.Tanaka
AUTHOR

レースは今シーズン導入の「アタックモード」を駆使した展開に

メキシコシティーで開催された「ジャガーIペイスeトロフィー」第3戦では、トップの座を争うサイモン・エバンス(チーム・アジア・ニュージーランド)とセルジオ・ヒメネス(ZEGジャガー・ブラジル・レーシング)が接戦を繰り広げ、アタックモードを駆使したセルジオ・ヒメネスが、2戦連続の優勝を果たした。

初参戦の日本人ドライバー、青木拓磨(チーム・ヨコハマ・チャレンジ)は見事なレース展開を繰り広げ、国際的な電気自動車のレースにおける初めての車いすレーサーとして、初の表彰台獲得も達成した。

メキシコのローカルVIPドライバーとして参戦したマリオ・ドミンゲスは、3位でのフィニッシュを成し遂げ、本シリーズにおけるVIPドライバーとして初の入賞者となった。

青木拓磨(チーム・ヨコハマ・チャレンジ)のコメント

「今回のこの素晴らしいリザルトは、⼀番うしろのグリッドからスタートしただけに本当に嬉しいです。今回私は初めてこのレースに臨むこととなり、EVのレースもまた初めて、このサーキットも同様です。しかし、チーム横浜チャレンジのスタッフ全てが私を助けて、早くこれらに馴染めるようにしてくれました。さもなければ、このような結果を得ることは出来なかったでしょう。また、クルマを単に私が運転できるようにしてくれただけでなく、トップポジションを狙えるようなクルマに仕上げてくれたジャガー・ランドローバーのスペシャルビークルオペレーションズ(SVO)、グイドシンプレックスそしてMスポーツに、私は大変に感謝をしています。」

「ジャガーIペイスeトロフィー」第4戦は、2020年4月3日(現地時間)、イタリアのローマで開催される。

「ジャガーIペイスeトロフィー」専用のレースカーのみを使用するこのサポート・レースは、未来のドライバーや定評のあるレーシングドライバーに、ゼロエミッションのモータースポーツの世界的な舞台で競い、彼らの才能を披露する機会を提供するもの。そして最初のシーズンで歴史を作りあげた画期的な本シリーズは、今シーズンは8つの世界都市で10レースが開催され、最大20台ジャガーのフルバッテリー電気自動車「I-ペイス」がグリッドに並ぶ。

また、シーズン2には、新しくアタックモードが導入され、各レースで決定される特定の時間帯に、トルクとパワーが20%追加で提供されるため、より緻密なレース戦略を立てることができ、オーバーテイクのチャンスが増えている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!