「ジープ・チェロキー」の標準装備が充実してプレミアム度がアップ!

H.Tanaka
AUTHOR
2020/02/21 16:00

シートは全グレードでレザー仕様がスタンダードに

FCAジャパンは、ジープのミッドサイズSUV「ジープ・チェロキー」の仕様・装備を見直し、全国のジープ正規販売店を通じて発売する。メーカー希望小売価格は4,490,000円から(消費税10%含む)となっている。

「チェロキー」は、卓越したオフロード性能と実用性の高さにより、長年に渡りジープの歴史を支えてきた中核モデルとなっている。また、現行モデルは第4世代目にあたり、2018年10月のマイナーチェンジでは、新世代デザインが採用されると共に、装備が充実した。そして、この度の仕様変更では、快適性や機能性が高められるなど、さらなる進化を遂げている。

グレード構成はこれまで通り、ベースグレードの「ロンジチュード」、悪路走破性に優れた「トレイルホーク」、快適装備が充実した「リミテッド」の3モデルが展開される。

今回、ロンジチュードとトレイルホークでは、シート表皮がファブリックからレザーへとアップグレードしたほか、フロントシートヒーターが追加され、快適性が向上。またリアシートのスライド機構やセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)が新たに装備され、より実用的かつ安心してお乗りいただけるようになった。

加えて、ロンジチュードにはリアディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)が新たに装備され、商品力が高められている。

各モデルのメーカー希望小売価格
(消費税10%含む)

ロンジチュード (2.4L、9AT、4WD):4,490,000円
リミテッド (2.0Lターボ、9AT、4WD):4,960,000円
トレイルホーク (2.0Lターボ、9AT、4WD):4,990,000円
※メタリック塗装は、それぞれ55,000円高

※商品サイト:https://www.jeep-japan.com/cherokee-kl.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧