ラスベガスのCES2020でBMWがラグジュアリーな「i3」を出展

AUTHOR
2019/12/25 15:00

ホテルのラウンジのような、くつろげる後席でオンライン配車サービスの新しい形を提案

BMWはこのほど、2020年1月7〜10日にラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES 2020(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2020)」において、「BMW i3アーバンスイート」を初披露すると発表した。

誕生から7年を数える「i3」は、都市部における電気駆動によるドライビングプレジャーや持続可能性、インテリジェントなコネクテッド機能により、プレミアムコンパクトセグメントで最も販売されてきた電気駆動モデルに成長した。

BMWは同ショーで、未来のモビリティエクスペリエンスを創造する先見的なアプローチを紹介。そのハイライトとして「BMW i3アーバンスイート」を披露する。このモデルはパッセンジャー個々のニーズにマッチさせたモビリティ体験をもたらすもので、これからのオンライン配車サービスの新しい形を提案するものだ。

インテリアはダッシュボートと運転席だけがi3のままだが、それ以外はブティックホテルのラウンジのように設えられている。取り去った助手席の場所にはオットマンを装備。大きく快適なシートによって後席乗員はリラックスした移動が可能になる。後席も片側のみとされ、代わりに小物や鞄が置けるような棚を設置。ヘッドライナーにはフリップ式のディスプレイが装着されている。

BMWは「i3アーバンスイート」によって、将来の贅沢な旅行がクルマのサイズとは無関係であることを実証する。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧