プレステージSUV、「ロールス・ロイス・カリナン」にもスポーティな“ブラックバッジ”が追加!

AUTHOR

600ps/900Nmに高められたV12ツインターボを搭載

ロールス・ロイスはこのほど、同社初のSUV「カリナン」に「ブラックバッジ」仕様を設定した。

「ブラックバッジ」は比較的若年層のカスタマーに向けたスポーティな仕様が特徴で、2016年には「ゴースト」と「レイス」に、そして2017年には「ドーン」に設定され、顧客層の幅を広げている。

カリナンに設定されたブラックバッジには、チューンナップされた6.75L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載。600ps/900Nmのスペックは、標準のカリナンに比べて29ps/50Nmの上乗せとなる。

エンジンのスペックアップにともない、サスペンションのセッティングもスポーティな方向にチューニング。極上の乗り心地を損なうことなく、よりダイナミックな走りが楽しめる。また、シフトプログラムやブレーキシステムも専用仕立てだ。

このV12ツインターボには新しいエキゾーストシステムが組み合わされ、ステアリングコラムに設置されたシフトセレクターにある「Low」ボタンを押すと、エキゾーストノートが強調。アグレッシブな走りを掻き立てる演出も施されている。

内外装の仕立ては、まさに「ブラックバッジ」の特徴を体現したもの。エクステリアではフロントグリルやロールス・ロイス伝統のマスコット、「スピリット・オブ・エクスタシー」などのパーツがハイグロスブラック仕立てとなるほか、エンブレムもブラックがベースとなっている。

オプションやオーダーメイドを含めると4万4000種類にのぼるボディカラーでは、ブラクバッジ専用となる「シグネチャーブラック」を設定。このカラーは複数の層でペイントされ、手作業による10回の研磨を経て仕上げられる実に手の込んだもので、ボディサイドにイエローのストライプを加えることも可能となっている。

22インチのアルミホイールも専用のハイグロスタイプで、スポークの内側から見えるブレーキキャリパーはレッドに塗装される。

「最高の快適性と大胆なデザイン」をテーマに創出されたインテリアでは、都市の建築物からインスピレーションを得た裸織りのカーボンファイバー仕上げをデコレーションパネルに採用。3D効果を持つ幾何学模様も特徴的だ。

インテリアカラーは無数の組み合わせが可能となっているが、新しいカラーとして「フォージイエロー」が選べる。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧