サーキット走行できる【カロッツェリア】ファン感謝祭に小林可夢偉も登場!

萩原充
AUTHOR

抽選でサーキット走行に招待

カーAV機器メーカーのパイオニアは去る2019年10月14日(月祝)、静岡県の富士スピードウェイを会場に「カロッツェリア」ユーザーに向けたファン感謝祭「カロッツェリアドライビングエクスペリエンス2019」を開催した。

先ごろ最上級シリーズの「サイバーナビ」を3年ぶりにフルモデルチェンジした同社だが、レーシングコースを走るというユーザーイベントは初開催。パイオニア販売プロモーション課の中村真也課長によれば、応募総数は全国1,251組にものぼり、大型台風による通行止め等の影響にも関わらず、当選した60組のユーザーのうち約8割が雨の富士スピードウェイに辿り着いたとのこと。

同伴ご家族にも食事とドリンクが提供された屋内会場には、新型サイバーナビのほか最新モデルに触れられるデモ機を用意。ナビ機能をチェックしたいパパたちよりも、ストレスフリー再生の動画コンテンツにキッズたちが夢中になるなど、エンタメ機能を飛躍的に進化させた新型サイバーナビがファミリーに受け入れられることを証明した。

午後のメインプログラムである参加者自身の愛車によるサーキット走行体験には、国内外の走り系モデルから国産ミニバンまで多種多様なクルマがエントリー。セーフティカー先導による完熟走行を終えてハイスピードなスポーツ走行に挑戦する参加者は、難しいウェットコースにも関わらずトラブルなく無事にフィニッシュ。「カロッツェリア」ユーザーはドラテクと安全への意識が高いということだろう。

また、ゲストとしてレーシングドライバーの小林可夢偉選手が登場し、「ブレーキングのコツ」や「ステアリング操作」、「ウェット路面で走り方と注意ポイント」といった富士スピードウェイ攻略法や、FIA世界耐久選手権(WEC)やスーパーフォーミュラの参戦エピソード、音楽やキャンプといった自身の趣味についてが語られるトークショーも行われた。最後には小林選手のサイン入りヘルメットがゲットできるジャンケン大会など、当日の参加者だけが愉しめるプログラムが満載。しかも小林選手がドライブするレーシングマシン同乗走行では、当日の抽選で当たった参加者らがトッププロのドラテクとスリル満点なレーシングスピードを存分に堪能していた。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧