厳しい状況下で弱点を露呈したQ2、制動力の変化で結果が乱れたX2【清水和夫のDST】#98-3/4

2019/10/30 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number 98 SEASON.11:僅差の攻防を繰り広げたバイエルンの個性派コンパクトSUV対決

BMW X2 xDrive 20i Mスポーツ X vs アウディQ2 1.4 TFSIシリンダー・オンデマンド・スポーツ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

BMW X2 xDrive 20i Mスポーツ x vs アウディQ2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ(ウェット旋回ブレーキ編)【DST124-05】

タイヤコンデション

AUDI Q2 1.4 TFSI CYLINDER ON DEMAND SPORT

バランス型タイヤとして知られるミシュランのプライマシー3(前後とも215/55R17 94W)を履き、17インチのサイズ感がQ2の性能と合っており、クルマとのマッチングの良さが感じられた。

 

BMW X2 xDrive 20i M SPORT X

タイヤの銘柄よりも20インチのランフラットのため、まずその硬さが気になってしまった。FFなので、フロントサスはあまり硬くないが、タイヤとのマッチングが……。19インチの方が好印象。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧