洗練度が大幅アップ! 「BMW X1」がマイナーチェンジ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/10/07 16:30

コネクテッド系の装備もアップデート

BMWジャパンは、2015年に誕生し2018年の世界販売台数28万7,000台を記録したプレミアム・コンパクトSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型モデルとなる新型BMW X1を、全国のBMW正規ディーラーにて、10月3日より販売を開始した。メーカー希望小売価格(消費税10%込み)は438~650万円となっている。

新型BMW X1は、BMWの新世代デザイン・コンセプトを採用し、LEDヘッド・ライトや、一体型となり大型化したキドニー・グリル、より一層デザインを強調したL字型のテール・ライトなど、デザインを一新している。また、フロントLEDフォグ・ライトをバンパーに組込んだ形状に変更し、エア・インテークを大型化すると共に、乗降時に「X1」の文字が足元に浮かび上がるロゴ・プロジェクターを新たに装備することで、BMWのSAVらしい活発な個性を際立たせている。

装備面では新たに、大型化したタッチ機能付き10.25インチのディスプレイや、携帯機器用のワイヤレス・チャージング機能を標準装備とし、実用性を向上させた。また、フルカラー化したヘッドアップ・ディスプレイをオプション装備としてラインアップすることで、より運転支援の面での機能を充実させている。さらに、6色のLED照明で室内を演出するアンビエント・ライトを初搭載すると共に、インスツルメント・パネルおよびセンター・コンソールにステッチを採用し、上質な室内空間となっている。

そして、新型BMW X1には、運転支援機能として、車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを含むBMWドライビング・アシストを標準搭載している。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧