働くクルマが面白い! 10月8日~9日は「ハイウェイテクノフェア」を見に行こう!

2019/10/07 17:30

働くクルマの最新技術があちらこちらに!

高速道路を走っていると、路面補修工事や植栽手入れなどのメンテナンス作業をしている横を通ることが多々あります。だいたいの場合はその作業のための車線規制で渋滞するので、あーあとため息をついたり、イライラしたりするドライバーも少なくないと思います。しかし何事にもメンテナンスは必要でしょう。我々ドライバーが安全快適に走行するためにも行われていることだとありがたく思いながら横を通過したいものです。

さて、そんなシーンで活躍するクルマ、道具、看板類など、高速道路に関わるあれこれの全てが揃う展示会あることをご存じでしょうか。毎年10月に開催されているハイウェイテクノフェアという展示会がそれです。オフィシャルウェブサイト(http://htf.express-highway.or.jp/htf2019/info/)によると「ハイウェイテクノフェアは、公益活動の一環として2004年に開始して以来、2019年で16回目の開催となります。 『高速道路の建設・管理技術』に焦点をあてた展示会として、産業界のみならず社会にも広く認められたイベントとして発展してきており、 2016年には来場者が2万人を突破し、出展者も年々増加傾向にあります」とあります。

今年は例年より1ヶ月ほど早く10月8日(火)・9日(水)の2日間、東京ビッグサイト青海展示棟で開催されます。

筆者も10回くらいは見ていますが、「いつも見ているあの働くクルマはこんなしくみだったのか」や「こんな働くクルマあったは知らなかった」と、毎回新しい発見があるし、同じように見えても実は中身は進化しているということもあるので楽しみにしている展示会の一つです。

毎回あるとは限らないのですが、スペシャルトミカ、特製nanoblockなどが売られていたり、ブース体験の景品にされていたりすることもあるので、そんな限定品を探す楽しみもあります。どんな展示会なのか?2018年11月28日(水)・29日(木)に開催された第15回展示会からいくつかご紹介いたしましょう。

メンテナンスで活躍する車両たち

効率化、省力化が主なキーワードとなっています。
株式会社ワイケー製高所作業車
ジャッキにタイヤを付け移動式とすることで作業姿勢のままジリジリ移動できるので、従来の定置式ジャッキより作業時間の短縮が図れるとのこと。タイヤは一般的な黒と、汚してはいけない床用の白の二種類がある。

西日本高速道路メンテナンス九州株式会社による道路維持作業車”ロボコーン”
コーンをロボットアームがポコポコと置き、シャッシャッと回収するため作業者の負担軽減と安全性向上に貢献する作業車。背中には、重量が従来品比3分の1の9.5kgの工事用標識板”MQ標識”を背負っている。

西日本高速道路エンジニアリング中国株式会社による”E-マルチ点検車”
トンネル内壁点検などで活躍する車両で、3台分を1台でこなせる多機能仕様とのこと。

阪神高速技術株式会社による路面のすべり抵抗を調査する”RT3 curve”
走行しながら調査できるため、従来のような交通規制を行う必要がないという利用者にとって大きなメリットがあり、地点ではなく連続調査ができるという事業者側にもメリットがある優れもの。

首都高機械メンテナンス株式会社による軸重調整装置付試験車両
料金所入口に接地された、過積載車両の走行を監視する「軸住測定設備」の精度確認試験を行う。架装部のウェイトを移動させることによって後軸重値を8~15トンまで1トン間隔で設定可能。世界に3台しかない同車のオリジナル車両とのこと。このような大物は模型とパネルで展示されている。またこのときは、模型を操作したり説明をじっくり聞いた人には特製nanoblockがプレゼントされていた。ちょっと嬉しい。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧