新製品【タミヤ】凸凹道も楽々走り抜けるカスタム仕様のビートル

井澤 利昭
AUTHOR
2019/10/01 08:00

ハブリダクションを装備した本格的4WDオフローダー

星のマークでお馴染みの模型メーカー・株式会社タミヤ(以下タミヤ)は、凸凹の激しい路面や岩場などでも走らせることができる、電動オフロードRC(ラジオコントロール)カーの組み立てキット「モンスタービートル トレイル」を発売した。

今でも人気の高いビートルのボディをベースに、大きく張り出した前後フェンダーなど、オフロード仕様へとカスタムされたレーシーなスタイルをモデル化。

直径115mmという大型のスパイク付きラグパターンタイヤ履く迫力満点のシャシーの上にちょこんと載るボディは、実車のバギレースなどでも人気を集めた初代フォルクスワーゲン・ビートルがモチーフ。ABS樹脂製のためスケール感が高く、スモークカラーの別パーツで構成されたウインドウやメッキ仕上げのフォグランプやエンジン&マフラーが、カスタムムードをさらに盛り上げている。

ヘッドライトやフロントバンパーと一体となったフォグランプはメッキ加工が施された別パーツで再現。

リアエンドに搭載されたエンジンやマフラーにもメッキパーツを採用。カスタムムードをグッと盛り上げる!

強度に優れる樹脂製モノコックフレームのシャシーは、モーターパワーを確実に伝達するギヤドライブ4WDを採用。前後にはデファレンシャルギヤを標準で装備し、走りを支える足まわりには路面からのショック吸収性に優れたダブルウィッシュボーン式のサスペンションを採用する。

シャシー中央部にレイアウトされたモーターのパワーを、ギヤを介して前後に伝達するギヤドライブ4WDを採用(左上)。トラクションを高めるため、デフの内部には専用のガムをセットする(右上)。スリムなシャシーは、軽量で強度に優れる樹脂製のモノコックフレームだ(下)。

さらにこのモデル最大の特徴と言えるのが、4輪それぞれにドライブシャフトの回転を減速してトルクを高める「ハブリダクションユニット」を装備していること。トルクフルな駆動系と余裕のある最低地上高により、障害物の多いオフロードも軽々とこなす抜群の走破性を披露する。

ドライブシャフトの回転を減速し、トルクを高めるハブリダクションユニットを標準で装備。

ハブリダクションユニットの装着によりアクスル位置が下がるため、最低地上高がアップ。悪路での走破性も大幅に高まる。

キットの組み立てには「ファインスペック2.4G 電動RCドライブセット」と送信機用単3形電池4本、工具、ボディ塗装用のスプレー塗料などが別途必要となる。購入は、タミヤプラモデルファクトリー新橋店・トレッサ横浜店をはじめとする全国の模型取り扱い店または、タミヤオンラインショップで。商品の詳細はタミヤのホームページでも確認できる。

●タミヤ電動RCカーシリーズ 1/14RC モンスタービートル トレイル (GF-01TRシャーシ) 24,000円(税別)

★お問い合わせ
タミヤ カスタマーサービス
TEL 054-283-0003(静岡)/03-3899-3765(東京:静岡へ自動転送)
【月〜金 9:00〜18:00/土日祝日 8:00〜12:00・13:00〜17:00】
https://www.tamiya.com/japan/index.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧