【国内試乗】「フォルクスワーゲン eゴルフ」中身はピュアEV、定番の魅力を失わない見事なコンバート技術

AUTHOR
2019/09/29 15:00

見た目はグローバルCセグハッチの定番ながら、その中身はピュアEVというこのゴルフ。EV専用プラットフォームが完成間近という過渡期に生まれたオルタナティブではあるが、ドイツ車らしいガッシリ感と、見過ごすにはあまりにも惜しい完成度にご注目あれ!

たとえBEVになってもドイツ車らしい重厚さ

ゴルフの特徴のひとつに幅広いラインアップを誇ることもあるが、現行の7世代目はBEVやプラグインハイブリッドまで揃えたということで、おそらく今後も品揃えで抜かれることはない。フォルクスワーゲンはまもなくBEV専用プラットフォーム「MEB」を採用したIDシリーズをデビューさせ、e-ゴルフはその役目を終えることになるからだ。

エクステリアも定番のゴルフそのもの。唯一、低転がり抵抗タイヤと空気抵抗の低いデザインのアルミホイールが専用装備となる。

当初は2015年に日本での展開を始める予定だったが、チャデモ急速充電対応などの課題が発生し、上陸を果たしたのは2017年になってから。長らく待たされた感はあったが、バッテリー容量は初期の24.2kW/hではなく35.8kW/hだったのでかえって幸いだった。
日本では同じCセグメント・ハッチバックのリーフがデンと待ち構えていて、スペック的にはほぼ同等かややリーフ有利といったところ。だが、走らせてみればさすがはゴルフ、走行時の質感の高さは圧倒的でBEVになってもシャシー性能は重要なのだと思い知らせてくれた。

200V15A電源なら約12時間で100%、CHAdeMO式急速なら約35分で80%充電が可能な高電圧バッテリーを床面に格納。電気モーターはエンジンルームに搭載している。

基本はエンジン車用に設計したMQBのプラットフォームながら、重量増となってもドイツ車らしいガッシリ感は失われず、むしろ重厚な乗り味なのが心地いい。回生に対する考え方はi3やリーフのワンペダル系とはちょっと違い、デフォルトのDレンジでは回生ゼロ。マニュアル操作によってD1、D2、D3など回生の強さを任意に選べるようになっている。回生ゼロも巡航時の実用燃費には効くので、ドライバーに選ばせるシステムなのはありがたい。せっかくならパドルシフトが欲しいところではあるが……。
このe-ゴルフで得た知見が、IDシリーズにどのように反映されていくかが楽しみだ。

フォト=篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン2019年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!