オープン仕様も最新モードに! 「フェラーリF8スパイダー」がデビュー

AUTHOR
2019/09/10 13:00

2.9秒の0-100km/h加速をオープンエアで味わえる

9月9日、フェラーリは新世代V8ミッドシップモデル「F8トリブート」のオープン版となる「F8スパイダー」を発表した。

スタイリングの基本はクーペモデルのF8トリブートと共通だが、ルーフにはリトラクタブルハードトップが採用され、独自の個性が与えられている。オープン時はハードトップがふたつに分割され、エンジンルームの上部に格納される。トップを格納あるいは展開する時間はわずか14秒で、車速が45km/h以下なら走行中でも開閉操作が可能だ。

エンジンはF8トリブートと同じで、2015年から2019年まで4年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の栄冠に輝いた3.9LのV型8気筒ツインターボ。最高出力720ps/8000rpm、最大トルク770Nm/3250rpmという魅力的なスペックを掲げ、7速デュアルクラッチF1トランスミッションとの組み合わせにより、乾燥重量1400kgのボディを停止状態からわずか2.9秒で100km/h、8.2秒で200km/hに到達させる加速性能が与えられている。最高速は340km/hと発表された。ちなみに前後重量配分は41.5対58.5だ。

従来の488スパイダーの後継を担うF8スパイダーは、エンジンの最高出力が488スパイダーより50ps上乗せされている。これを実現するために、488チャレンジで用いられたラインをダイレクトに継承した新設計のエアインテークラインを採用。エアインテークをサイドからリヤに移し、ブロウンスポイラーの左右に設置したうえでインテークプレナムに直結。これにより、損失を大幅に低減しつつエンジンへの吸気量を増大させ、出力向上を図っている。

F8スパイダーは、488スパイダーと比べてボディの軽量化を促進させた点も特徴だ。パワーユニットは488の高性能版である488ピスタの軽量化ソリューションを継承。チタン製コンロッドやクランクシャフト、フライホイールなどの回転部質量を削減。パワーユニットの質量は18kg削減されている。さらに488チャレンジ由来のインコネル製エキゾーストマニホールドの採用で9.7kgの軽量化に貢献。これらにより慣性は17%削減され、運転感覚がより一層スポーティになった。

ビークルダイナミクスの面では、バージョンを従来の6.0から6.1に進化させた「FDE+(フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー・プラス)」の導入もニュース。この制御システムは、コーナー脱出時に作動するもので、低グリップ状況下および走行モード切り替えの「マネッティーノ」による「レース」モード時でも利用可能となった。この機能により、多くのドライバーが卓越したパフォーマンスを楽しむことができる。

コックピットは、フェラーリのミッドエンジン・ベルリネッタの典型であるドライバー志向の設計を継承。F1マシンと同様にドライバーとクルマの一体化を図るコンセプトが導入され、すべてのコントロールが新世代版のステアリングホイールで行なえる。スポーティなシートも最新型が採用された。

アルミニウム製セールパネルが用いられたダッシュボードには、中央にレブカウンターを配置したクラシカルなインストルメントクラスターを装備。そしてパッセンジャー側には、7インチタッチスクリーンをオプションで設定している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧