【嶋田智之の月刊イタフラ】本国発表の新型プジョー2008、あざといくらいに雰囲気いいでしょ?

嶋田智之
AUTHOR
2019/08/08 10:00

新型プジョー2008、日本への上陸はまだ先だけど気になりますね!

本国のおハナシですが、プジョーが2008のフルモデルチェンジを発表しています。最も特徴的なのは、先に発表されている208同様、新世代のプジョー・デザインが採用されていること。

ライオンの爪痕をイメージした印象的なLEDランプ。SUVらしく力強いフォルム。全長が140mm伸びたこともあって、ルックスはガラリと変わりました。

インテリアも最新のiコクピットを柱に構成されています。パワーユニットは100ps、130ps、155psの3タイプのガソリン1.2Lターボ、そして100psと130psの2タイプのディーゼル1.5Lターボ。また“e2008”と呼ばれるEVも設定されているようです。日本に導入されている現行の2008も穏やかで大人っぽい顔つきで魅力的ですが、いずれ上陸するだろう新型も気になりますね。このカッコよさ……あざといなぁ。

ル・ボラン2019年9月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧