名勝負が繰り広げられた24時間を振り返る「ル・マン24時間レース」リポート

2019/07/24 15:00

トヨタ2連覇だけではなかった今年のル・マンの見どころ

WEC2018~2019年スーパーシーズンの最終戦として開催された第87回ル・マン24時間レースで、トヨタTS050が昨年に続き同レースでの2連覇を成し遂げた。

WECシリーズは、昨年からシーズンの区切りが変則的となり、2018年はル・マンを含む5戦、2019年は6月のル・マンを最終戦とする3戦、計8戦を2年にわたって行うシーズンとして構成され、現在、唯一ハイブリッドプロトを走らせるトヨタが、メイクス、ドライバーの両タイトルを獲得した。

優勝したトヨタ8号車のクルー。右からF・アロンソ、中嶋一貴、S・ブエミはWECのドライバータイトルも獲得。

現在はWECシリーズの1戦としても開催されるル・マン24時間は、大別するとプロトタイプ(LMP1、LMP2)とGTカー(LM-GTE PRO、LM-GTE AM)によって構成され、LM-P1クラスはハイブリッド動力のLM-P1 Hと内燃機関動力のLM-P1に分けられ、トヨタTS050は前者、ハイブリッドクラスに組み入れられている。

レースはトヨタ7号車がリーダーとなり8号車が2番手で追走するパターンで展開した。

さらに、LM-GTEクラスは、メーカーを対象とするPROクラスとプライベーターを対象とするAMクラスに分けられ、PROクラスは今シーズン、ポルシェ、BMW、フェラーリ、フォード、GM(コルベット)、アストン・マーチンの6メーカーが参戦中。市販GTカーをベースに、熾烈な順位争いが繰り広げられるクラスで人気を集めている。

今年のレース展開は、スピードで勝る2台のトヨタTS050が、終始主導権を握ってリードした。とくに7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)は、予選から僚友の8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)をリードする速さを見せ、3分15秒497のタイムでポールポジションを獲得。2番手の8号車は0.5秒差の3分15秒908だった。

深夜のピットサービスを受けるレースリーダーのトヨタ7号車。順調に周回を重ねていた。

決勝レースもスタートから7号車がリードを広げ、スタート4時間目にはその差が1分近くとなっていた。もっとも、レースが折り返しを迎える12時間を経過したあたりでは、いったん10秒前後の差に縮まったが、明け方から再びその差は開き始め、レース4分の3を終了した日曜午前9時頃には、2分近いリードを築いていた。

誰の目にも今年のル・マンはトヨタ7号車のレースと映っていたが、チェッカーまであと1時間少しを残す段階でドラマは起きた。トップを快走していた7号車のインジケーターがタイヤ(右フロント)の異常を表示。スローパンクチャーと判断してタイヤを交換。ピットアウトするが、依然として異常表示は消えず、再びピットインして4輪(ユーズドタイヤ)を交換する事態に。

日曜早朝、ダンロップブリッジ下を力強く駆け上がるトヨタ7号車。トップは万全だった。

この2度のピットストップの間に8号車がトップに立ち、残る1時間を走破。懸命に追走する7号車に17秒の差をつけ2年連続でル・マンを制覇すると同時に2018~2019年シーズンのWECドライバータイトルも獲得。トヨタは昨年に続きル・マンを2連覇、メイクス/ドライバーの両タイトルも獲得するWEC完全制覇を成し遂げた。なお、7号車を見舞ったタイヤトラブルは、その後の原因追求でセンサーの配線トラブルだったことが判明。タイヤ自体に異常は認められなかったという。実は7号車、水曜日の予選終了後にモノコック交換を行っていたが、通常3~4日かけて行う作業を20時間弱で済ませる離れ業で対処していた。結果的に、こうした急場の作業がトラブルの遠因になっていたようだ。

あと1時間を残すところでまたハプニング。優勝したのは7号車に17秒差をつけた8号車だった。

 なお、トヨタは2019~2020年シーズンもWECへの参戦を表明。アロンソはチームを離れるが、代わってブレンドン・ハートレーが加入。ル・マン3連覇を目指している。

リポート&フォト:大内明彦 A.Ouchi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!