【海外試乗】「アウディS6/S7 TDI」フォーリングスの高性能アッパーミドルが揃い踏み!

2019/07/07 17:00

これがディーゼルの生きる道!?

BEVやPHEVなど、パワーユニットの電化転換を急速に推し進める欧州自動車メーカーにあって、ことディーゼルの存在価値が薄らぎつつあるのは確かだが、高性能モデルにフォーカスすれば、その特性は俄然輝きを増してくるのも事実。たとえば、こんな2台は――。

ディーゼル特有の力強い低速トルクにより、0-100km/h加速はS6が5秒フラット、S7が5.1秒。最高速はともに250km/hに自主規制される。

現在、ドイツを含む欧州の各都市で乗り入れ規制が始まっているディーゼル車だが、実は問題となっているのは窒素酸化物(NOx)で、二酸化炭素(CO2)ではない。ディーゼルのCO2排出量は大まかにいってガソリンよりも20%ほど少ないのだ。ゆえに、’21年の欧州内における95g/kmのCO2排ガス規制に対応するには、どうしてもディーゼルのラインアップが不可欠なのだ。もちろん、適正な排ガス対策を行なっていれば、ディーゼルは特にロングツーリング時などに理想的なパワーユニットなのは周知の通りだ。そんな背景のもと、今回アウディはスポーティモデルのS6とS7に新しいディーゼルエンジンを搭載、主に欧州のメディア向けに試乗会を開催した。

写真はS6で、前後席ともに申し分のない居住スペースが展開される。なお、後席はS6が3名掛け、S7は基本的に2名掛けとなる。

搭載されるのは3L V6TDIで、最高出力349ps/3850rpm、最大トルク700Nm/2500−3100rpmを発生。このエンジンには48Vのオンボードパワーサプライが組み込まれており、EPC(エレクトリックパワーコンプレッサー)を採用。この別名“電気モーター・ターボ”は、低回転域で250ミリセカンドの間に作動してターボラグを解消、同時にこの瞬間に発生する排気ガスの低減を効果的に行う。

リポート:木村好宏/Y.Kimura フォト:アウディAG/AUDI AG  ル・ボラン8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧