【スクープ】次期「日産ジューク」の続報! そのワールドプレミアは今秋以降か?

2019/07/03 11:15

パワートレインにはPHVとマイルドハイブリットを設定

個性的なエクステリアを持ち味とする日産のコンパクトクロスオーバーSUV、「ジューク」の次期型に関する最新情報を入手した。

この次期型では、ルノーの新型「クリオ」や次期型「キャプチャー」と共有する「CMF-B」プラットフォームを採用する。基本パッケージが見直され、現行型よりホイールベースを延長。後席の足元スペースやヘッドルームが拡大されるなど、居住性が向上するはずだ。

エクステリアは、特長的なポジションランプを一層シャープにリデザインする一方で丸型ヘッドライトを継承。フロントグリルは、最新の日産デザインにならい下部へ大型化されることが確実視されている。また、テスト車両ではブーメラン型のテールライトがリヤゲート開口部を跨ぐデザインへと変更されていることも確認できる。

パワートレインに関しては、1.6L直列4気筒エンジン+電気モーターのPHVモデルを設定するという最新情報が入っている。この仕様は総電力量9.8kWhのバッテリーを組み合わせることで30kmのEV走行が可能となるようだ。また、1L直列3気筒ガソリンターボと1.5L dCiディーゼルターボにはマイルドハイブリットをラインアップ。上級グレードの駆動方式には、オプションで4WDが設定される。

装備品に関しては最新の日産、あるいはルノーと同じくスマーフォンとつながる最新世代のインフォテインメントシステムやプロパイロットの搭載も間違いなさそうだ。そんな次期ジュークの発表は、今秋以降という説が有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧