【国内試乗】「BMW ALPINA XD3」アルピナ流レシピがさらに洗練

2019/05/21 14:00

M40dとの違いは、はたしてどこに?

X3のモデルチェンジにともない、「スポーツするディーゼルSUV」のアルピナXD3も第二世代へと進化。先代とは異なり、すでにBMWにもX3の高性能版が存在する中、はたしてその真価はどこに見出せるのか?

独自のセッティングが施された足回りは、M40dと比較すると繊細さを実感できる味付け。4WDに裏打ちされた十二分なスタビリティを確保しつつ、ワインディングでは軽やかな風情で回頭する。しなやかな乗り心地も、アルピナに対する期待値通り。

アルピナ初のSUVモデルとして登場した先代XD3は、ベースとなるX3まで含めても文字通り「オンリーワン」の存在だった。自慢の3Lスポーツディーゼルを搭載し、その絶対的パフォーマンスはX3の頂点を極めていたからだ。しかし、現行型になってX3はバリエーションを拡大。日本には未上陸だが、すでにシリーズ初のMモデルが発表済み。さらに、ディーゼル仕様についても3L直6ターボを搭載したMパフォーマンスモデルのM40dが追加されるなど、スペック的にはXD3に肩を並べるX3が選べる環境になってしまった。

いつもの「アルピナ流」で仕上げられたエクステリアは、相変わらず独特な品の良さを醸す。ボディカラーは写真のアルピン・ホワイトのほかにメタリックの6色を用意。インテリアのトリムパネルはダーク・オークが標準で、ピアノブラックも選択できる。

だが、心配は要らない。結論からいうと、第二世代に進化したXD3はアルピナらしいキャラクターに磨きをかけ独自性を堅持。あえて選ぶべき理由が見出せるクルマに仕上げられているからだ。

そのアウトラインを改めておさらいしておくと、エンジンはD3やD4、D5 Sにも搭載されるツインターボの3L直6ディーゼル。アウトプットは最大トルクこそ700Nmで横並びだが、最高出力は搭載モデルによって微妙に異なり、XD3が333psなのに対しD3とD4が350psでD5 Sは326ps。ちなみに先代XD3の最高出力は350psなので、数値上は新型になって若干控えめになったわけだが、大排気量ディーゼルエンジンでの話だから現実的には誤差の範囲内だ。では、M40dはどうかというと最高出力が326psで最大トルクは680Nm。一応、どちらもXD3が若干ながら上回っているが見かけ上こちらも極端な違いはない。

デジタルメーターになってもアルピナ独自の意匠は継承。通常時は従来の機械式メーターと同じくブルー地に赤い指針。スポーツモードを選択すると、指針がグリーンの帯状表示に変わる。

リポート|小野泰治|T.Ono フォト|小林俊樹|T.Kobayashi BMW COMPLETE 2019 VOL.71 より

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!