【スクープ】日産プロパイロット搭載!? 「キャプチャー」次期型、ルノー史上初の市販PHV設定へ!

相澤隆之
AUTHOR
2019/04/10 11:00

今年のフランクフルトショーでお披露目予定!?

ヨーロッパで最も人気のあるサブコンパクト・クロスオーバーSUV、次期型ルノー「キャプチャー」の最新プロトタイプを厳冬のスカンジナビアでカメラが捉えた。

キャッチした開発車両は、フロントバンパー右部分だけカモフラージュを開放。コーナーエアインテークが初めて露出している。アーキテクチャには、発表されたばかりの「クリオ」新型と共有する「CFM-B」プラットフォームを採用し軽量化を図られている。またホイールベースの延長や、Cピラー以降のデザインが大刷新されている模様だ。キャビン内では、「メガーヌ」新型の影響を強く受けており、センターに縦型の9.3インチ・インフォテインメント・タッチスクリーンを配置、デジタルクラスターの採用も確実視されている。

パワートレインの注目は、ルノー史上初となる市販PHVモデルの設定だ。日産が開発した1.6Lガソリンエンジンと、9.8kWhのバッテリー、及び電気モーターをベースとし、EV走行では約30マイル(約50km)の航続距離となる。さらにマイルドハイブリッドディーゼルのオプションも設定されるようだ。その他、ルノー・日産・ダイムラーの共同開発による1L直列3気筒、及び1.3L直列4気筒のターボチャージャーガソリン/ディーゼルエンジンがラインアップされるはずだろう。

安全技術では、日産「プロパイロット」を搭載し、このセグメントのSUVとしは初の半自立機能を備えるとのこと。ワールドプレミアは、2019年9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧