新型ジムニーを精かんなブラック&ガンメタリックカラーなルックスへとラッピング!【ジムニー天国 2019】

2019/04/10 11:30

上質なジムニーを生み出すラッピングという手法

マットのガンメタリックをラッピングすることで、ソリッドカラーの単調さがなくなり、高級感が生まれる。

まわりやスープアップ系パーツによってクルマのポテンシャルを高めるのも楽しいが、ドレスアップによって自分だけのクルマを作るのも、カスタムの醍醐味だろう。クライムマックスが手掛けたこのJB64は、足まわりの変更といったジムニー定番のカスタムを行いつつも、それ以上にアピアランスを徹底的に追求したクルマとなっている。

自社製オーバーフェンダーでクルマのボリューム感がアップ。写真のカーボンのほかにFRPも用意。

スペアタイヤカバーもしっかりとラッピングしている。細かなデザイン、ロゴ等も再現が可能だ。

極太5本スポークのWORK CRAG S1Jは、クルマのカラーリングとの相性を考慮してブラックを選択。

なによりも目を引くのが、その迫力のあるルックスだろう。ブラックとガンメタリックのツートンカラーはジムニーをより精かんな表情に作り替え、大人っぽい雰囲気さえも生み出した。じつはこのカラーリングは、ペイントではなくラッピングで仕上げられている。ボディカラーとあわせてホイール(WORK CRAGS1J)もブラックをチョイス。ボディサイドのロゴもブラックの抜き文字とするなど、派手さを極力抑えつつ、それでいてしっかりと自己主張するアピアランスとなっている。なお、この作業を行ったのはクライムマックスのアンテナショップ「ジャスティス」。もちろんこカラー以外の配色やパターンなど、多彩なデザインに対応しており、自分だけの1台を求めるジムニー乗りは、同店に相談してみるのもいいだろう。

サスペンションはハイブリッジファーストのキットを採用して走破性を高めている。

クロスメンバーを変更(ハイブリッジファースト)することでプロペラシャフトの干渉を回避。

ハイブリッジファーストのショック、アーム類はレッドとなっていて、足まわりにアクセントを与える。

足もとにさらなる高級感を与えるカーボン製オーバーフェンダーも同店オリジナル。塗装して使うというユーザーを想定してFRPタイプもラインナップ。ルーフラックは十分な広さと耐荷重性を併せ持ちフロントランナー性をチョイスする。サスペンションはハイブリッジファースト製のキットとした。同店は今後もオリジナルパーツを随時開発、発売するとのことだ。

ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧