【海外試乗】「プジョー508SWファーストエディション 1.6ピュアテック」洗練を手に入れたライオンキング

2019/04/06 11:00

デザインでリードする新世代プジョーの先鋒

今春より5ドアハッチバックとなったセダンから国内導入が始まるプジョー508だが、今年後半あたりからそのブレーク版、508SWも矢継ぎ早にやってくる。「ラジカル」をキーワードに、先代モデルからスタイリングもプラットフォームも刷新した新型508SWを、本国フランスで1800kmのロングドライブに連れ出してみた。

クロームの面積をとにかく抑えて、昨今の悪目立ち志向のデザイントレンドに背を向けたことが功を奏したエクステリア。クォーターウィンドーが上に跳ね上がる形で、リアガーニッシュも真一文字タイプとなった。

先代の「壊れた美」に繋がるエレガントなデザインも悪くなかったが、少なくともエクステリアデザインに関しては、メルセデスでいう「エレガンス」と「アバンギャルド」の、後者にプジョー508は寄せてきた。
SWの2793mmというホイールベースはセダンと共通で、1859mmの全幅と1403mmの全高、1593mm/1590mmの前後トレッド(18インチ仕様の値)も同じ。異なるのはセダンより+28mmだけ延ばされた全長のみで、先代比では6mmだけワイド化したが35mm短い。車重は、今回借り出したGTラインのピュアテック180ps、1.6Lターボ+8速AT仕様については、セダンから+40kgの1460kgにとどまる。

GTラインのトリムはレザーとファブリックのコンビ。大ぶりなシートは5008に準ずる快適な座り心地で、6:4分割可倒式後席の足元スペースやヘッドクリアランスも十分。

乗り込んでインテリアをひと回り観察すると、セダン同様とはいえ、ソフトウレタンやウッド、レザー張りやサテン仕上げのインサートまで、精緻にまとめられたダッシュボードの質感の高さに驚く。10インチのタッチスクリーンはエアコンの中央吹き出し口の下、視界上方というより手元寄りの位置だが、プジョー独自のi-コクピットが小径ステアリング上方にあることを鑑みれば、ロジックだ。ダッシュボードの稜線自体も高く、フランス車お約束の「半身浴気味ポジション」の着座感とは一線を画しているようだ。

異素材のチリ合わせにきっちり挑んだインテリアの質感は508SWの大きな魅力。トグルスイッチはシフトから指を伸ばしやすい位置にある。赤外線によるナイトヴィジョンは、メーターパネル上にアラートとともに表示。

それにしても軽いクルマ特有の手応えというか、決して小さくないDセグのブレークなのに、走り出すと早々にサイズを感じなくなる。足回りやハンドリングだけでなく、セダンよりリア荷重が増したであろうマスのまとめ方、それらのバランスから生み出されるアウトプットやドライブフィールに、とにかく雑味がなく操りやすい。

リポート:南陽一浩/K.Nanyo フォト:南陽一浩/K.Nanyo、PSA ル・ボラン2019年5月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧