救急自動通報システム「D-Callネット」にスバル、日産、マツダが参加

H.Tanaka
AUTHOR

「オールジャパン」で救命率向上に

認定NPO法人である救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)と自動車メーカー、サービスプロバイダーからなるD-Callネットへの対応に、このほどスバル、日産、マツダの自動車メーカー3社が加わった。今後は、全9団体でオールジャパンの救命率向上を推進していくことになる。

 

D-Callネットは一般的にAACN(アドバンスド・オートマチック・コリジョン・ノーティフィケーション)と呼ばれる車両のコネクティッド技術を活用した救急自動通報システムのひとつ。交通事故発生時に車両のデータを国内の事故データ約280万件をベースとしたアルゴリズムに基づき自動で分析。死亡重傷確率を推定し、このデータを全国約730カ所の全消防本部と全国で37道県・46機・54院の協力病院に通報、ドクターヘリやドクターカーの早期出動判断につなげ、交通事故での救命率向上を目指すものとなっている。

今後のD-Callネットに向け参画団体代表・HEM-ネット理事長の篠田伸夫氏は、以下のようにコメントしている。

「平成28年3月に策定された第10次交通安全基本計画は、交通安全の確保に資する先端技術を積極的に取り入れ、”交通事故のない社会の実現”への大きな飛躍と”世界をリードする交通安全社会”を目指すとしています。交通事故重症者の救急医療は、必要な医療をどれだけ早く実施するかがカギです。まさにこうした領域にこそ、コネクティッド技術のような先端技術が活用されるべきです。

「そこで事故発生~搬送~医療開始という一連の流れをどれだけ正確かつ迅速に進めるかについてHEM-ネット、トヨタ、ホンダ、日本緊急通報サービス(HELPNET)が中心となり2011年よりデータの集積とアルゴリズムの設計を開始し、D-Callネットを創り上げました」

「そして2015年11月からの試験運用を経て、2018年6月から消防・病院等の協力の下、全国で本格運用を開始しています。D-Callネットには、医師が傷病者へ接触する時間を約17分短縮可能との研究結果が、ならびにすべての車両に搭載された場合は年間282人の交通事故死者が低減できるとの研究結果があります。今後は、今回から新たに参画するスバル、日産、マツダを含めて一台でも多くの車両をD-Callネット対応としていくことにより、オールジャパンで救命率の向上を推進し、”交通事故のない社会の実現”に寄与していきたいと考えております」

2019年3月28日現在のD-Callネット対応車種は、トヨタの場合でクラウン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、アルファード、ヴェルファイア、カローラスポーツ、センチュリーの376,000台。レクサスではLS、LX、RX、GS、GSF、NX、IS、RC、RC F、LC、ES、CT、UXの152,000台。いずれも車載型で、2015年11月~2019年2月の搭載実績になっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧