【国内試乗】疑ってゴメンなさい! 素直に頭を下げよう。アルファ初のSUV「ステルヴィオ」はディーゼルでもアルファでした!

嶋田智之
AUTHOR
2019/03/26 11:20

痛快ディーゼル、参上!

アルファ初のSUV、ステルヴィオにディーゼルエンジン搭載モデルが新たにラインナップに加わった。持ち前の加速性能やスポーティなハンドリングを一切犠牲にすることなく、優れた環境性能と燃費性能を実現。乗れば自然と笑顔になる、まさに痛快SUVといえる一台だ!

ディーゼル搭載車は「2.2ターボ・ディーゼルQ4」のモノグレード。FRレイアウトを採るジュリア譲りのアーキテクチャーをベースに独自の4WDシステムを採用。

疑ってゴメンなさい! ディーゼルでもアルファだ

だってそうだろう? 12対1というステアリングギア比、50対50の前後重量配分、FRベースのAWD、アルミパネルにカーボン製ドライブシャフト、クラス最小のロール角──。そうした心くすぐる謳いもさることながら、実際に走らせたときの抜群にキレのいいハンドリングにSUVであることを疑いたくなるコーナリングパフォーマンス、だ。ステルヴィオの持つファンな走りのテイストとディーゼルエンジンというのが、どうにも上手く結びつかなかったのだ。今どきのディーゼルの出来映えが昔と違うことを知ってはいても、正直、ほとんど期待していなかった。アルファにはアルファらしくあって欲しい、という気持ちが先走っちゃったのである。

だから素直に頭を下げよう。ステルヴィオ2.2ターボ・ディーゼルQ4、走らせてみたら立派にアルファ・ロメオだったからだ。

フォト:篠原晃一/ル・ボラン 2019年5月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧