ついにアウディからもディーゼルが!「アウディQ5」にクリーンディーゼル投入

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/05 15:00

190ps/400Nmの直4 TDIを搭載

アウディジャパンは、ミッドサイズSUVの「アウディQ5」クリーンディーゼル仕様を追加導入。2月19日より発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、グレード別に「Q5 40TDIクワトロ」が6,360,000円で「Q5 40TDIクワトロスポーツ」が6,570,000円。そしてクリーンディーゼル導入を記念して設定された250台限定の「Q5 TDI 1stエディション・ブラックスタイリング」は7,460,000円となる。

Q5 40TDIクワトロは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能が楽しめるQ5の新しいエントリーモデル。190ps/400Nmのアウトプットがもたらす余裕の運動性能を発揮する一方、優れた経済性も両立。JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/上回る15.6km/Lを達成。70Lのタンク容量によって、モード燃費での単純乗算の航続距離は約1100kmに迫る。

搭載する1968cc直列4気筒TDI(ターボチャージド・ダイレクト・インジェクション)の排気系は、酸化触媒コンバーターや尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどで構成。加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制ユーロ6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合する。その一方、緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボはディーゼルエンジンならではの大きなトルクをガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供している。

なお、このQ5 40TDIクワトロはエコカー減税の対象車。2019年2月現在で自動車取得税100%、自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、40TDIクワトロスポーツの場合で減税額は242,900円となる。

 

今回、アウディジャパンとしては初となるディーゼル導入を記念した限定車のQ5 TDI 1stエディション・ブラックスタイリングは、Q5 40TDIクワトロスポーツをベースにマトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)やアクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなど大幅に装備を追加。その一方で、価格を890,000円高に抑えたバリューに優れた仕様となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧