280馬力のダイナミックさの秘密! アルファロメオ、新型「ジュニア ヴェローチェ280」の詳細を公開

全ての画像を見る

「いつでも、どこでも、すぐに走れる」アルファロメオ流の電気自動車は60万か所以上の充電ステーションにアクセス可能

アルファロメオは、歴史あるバロッコ試験場(ヴェルチェッリ県)のゲートを開放し、100%電気自動車の新型「ジュニア280 ヴェローチェ」の型式承認前試験を行うという。

このユニークでダイナミックなプレビューにより、業界関係者はブランド初の電気コンパクトカーを、ブランドの最も有名なモデルと同じターマックでテストすることが可能となり、さらに待望のジュニア ヴェローチェ280の開発プロセスについてのユニークな洞察を得ることができるだろう。

象徴的なバロッコ試験場は1962年完成。以来、アルファロメオのすべてのロードカーのダイナミックな開発と検証に使用されてきた。「アルファ・コルセ」チームの本拠地でもあり、F1、DTM、スーパー・ツーリスモなど、アルファロメオの名だたるモータースポーツ・レーサーのファインチューニングにもこのテスト施設が使われてきた。

アルファロメオのイタリア人エンジニアチームは、ここで新型ジュニアの開発に取り組んでおり、今回のユニークなイベントでも彼らは新型ジュニアヴェローチェ 280のダイナミックなテストをサポートする。

【写真38枚】熟練した情熱的なアルファロメオのエンジニアたちが開発 

100%アルファロメオのドライビング・ダイナミクス
アルファロメオ・ジュニア280 ヴェローチェは、ブランドのスポーツ精神を真に体現する小型車だ。完璧な重量バランス、一流のドライビング・ダイナミクス、先進のテクノロジー・ソリューション、そして時代を超越した美しさを備えた新型ジュニアは、まさにアルファロメオといえる一台だ。

280 ヴェローチェバージョンは、セグメントをリードする俊敏性とクラス最高のロードハンドリングによって、これらの特徴を最高レベルにまで高めている。これらすべてを可能にしたのが、ジュニアヴェローチェのために世界で初めて追加された2つの要素、すなわち280HP/207kWの新型電気モーターと最新のトルセン”D”メカニカル・リミテッド・スリップ・ディファレンシャルだ。

ジュニア・ラインナップのフラッグシップである280 ヴェローチェには、このセグメントで最もクイックなステアリング(レシオ14.6)も。さらにサスペンションは25mmローダウンされ、アンチロールバーも再調整された。ブレーキシステムには、フロントに380mmディスクと4ピストンモノブロックキャリパーが装備され、20インチアルミホイールには高性能EV用に開発された特注タイヤが装着されている。

効率性を高め、日常走行をより楽しく
新型ジュニア280 ヴェローチェは、魅力的なドライビング体験と卓越した効率性と使いやすさを兼ね備えた。全長4m強、最小回転半径10.5mのジュニアはコンパクトで扱いやすく、市街地での走行に最適だ。

そのサイズにも関わらず室内は広々としており、セグメントトップの400Lのトランクにより、大人4人とその荷物を快適に積載することができる。実用性は、充電ケーブル用の特別な収納コンパートメントがボンネットの下にあることでさらに向上している。

新型ジュニア ベローチェの車両重量はわずか1,560kgで、最も近い競合モデルよりも約200kg軽く、効率性という点で大きなアドバンテージを持つ。コンパクトなリチウムイオンバッテリーパックが車重の軽さに大きく貢献しているほか、ブランドのトレードマークである「切り詰められたテール」と非対称のフロントエアインテークが、空気抵抗とエネルギー消費の低減に貢献している。

さらにジュニアは、実用性を犠牲にすることなく、市街地でも複合ルートでも最高のドライビング体験を保証する。また、加速と減速の感覚を向上させる電気特有のドライビング・サウンド(助手席内のみ聞こえる)、さらに充電が必要なときにドライバーを自動で安心して誘導するEVルーティング・システムも搭載している。

バロッコの「ランゲ」サーキットへの初アクセス
2014年にユネスコ世界遺産に登録されたピエモンテ州でよく見られる丘陵地帯が混在するルートを忠実に再現した20kmを超える有名なサーキット、バロッコの「ランゲ」サーキットへのアクセスをアルファロメオに初めて提供するという。

この難易度の高い丘陵サーキットは、この地域で最もチャレンジングで楽しい道を模したコーナーが多く、新型トルセン「D」リミテッド・スリップ・ディファレンシャルのテストに最適な場所となっている。

リニアな挙動と正確なハンドリングを保証するために開発されたこのリミテッド・スリップ・ディファレンシャルは、ジュニア280 ヴェローチェがこのセグメントで最もダイナミックで魅力的なクルマのひとつであることを保証する。

その他、バロッコ・サーキットの「スペシャル・パヴィング」セクションでは、新型ジュニアの日常走行における快適性とコントロール性が実証された。バンプ、甌穴、路面電車の軌道、石畳、段差が散りばめられたこれらの困難な路面では、新型ジュニアのクラス最高の洗練性を際立たせることができる。

新型ジュニアはサーキットを走るために作られたわけではないが、イタリアのエンジニアチームは、パワー、敏捷性、ロードハンドリングを検証するために、このようなコンディションで広範囲にわたって走らせた。ここは、高速コーナリングと、新開発のトルセン「D」横滑り防止ディファレンシャルによって強化されたジュニアの卓越したトラクションを発見するのに理想的な場所なのだ。

新型ジュニアのために特別に開発されたこのデバイスは、アンダーステアを最小限に抑え、コーナーでのクルマの安定性を向上させる。

さらにリヤアクスルは、クルマが意図したコーナリングラインの軌跡に正確に追従し、ドリフト角はほとんどゼロ。さらに、コーナー進入時とコーナー脱出時の両方で、ステアリング入力に対する瞬時の反応が「モーターサイクリスト効果」を生み出し、ドライバーと車両の完全な相乗効果を感じさせる。

また8C、4C、ジュリア、ステルヴィオのクアドリフォリオ・ヴァージョン(ジュリアGTA、GTAmを含む)などの特別なプロジェクトに携わるイタリアのエンジニア・チームにも触れることができる。

■関連記事

2024/07/10 13:30

関連記事

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

複数社を比較して、最高値で売却しよう!

車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか? 販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。 1 社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目 指しましょう。

手間は少なく!売値は高く!楽に最高値で愛車を売却しましょう!

一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。 MOTA 車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。 最大20 社の査定額がネット上でわかるうえに、高値の3 社だけと交渉で きるので、過剰な営業電話はありません!

【無料】 MOTA車買取の査定依頼はこちら >>

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!