【比較試乗】両ブランドを代表するアッパーミドル。ベンチマークの座は譲れない!「メルセデス・ベンツ Eクラス vs BMW 5シリーズ」

ともに2023年にフルモデルチェンジを果たしたものの、Eクラス導入のタイミングが合わず、直接対決はこれが初。両ブランドの先進技術を纏った王道セダンの魅力を徹底比較する。

すべてにおいて優しくてマイルドなのがEクラス

SUV全盛の時代にあってもドイツ・プレミアムカーの2大巨頭であるメルセデス・ベンツとBMWは伝統的なセダンを疎かにはしない。ステアリングを握ってみれば、今こそセダンの優れた資質を世の中に再認識させるため、気合いを入れて開発しているとさえ思える。また自動車の基本であるセダンを磨きに磨いているからこそ、そこから派生した今どきのクロスオーバーSUVもいいクルマに仕上げることができるのだろう。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE/二分割されたヘッドライトおよびスリーポインテッドスターをモチーフとしたテールライトを初採用。インテリアにはEQシリーズの流れを汲み、ダッシュボードやドアパネルにフローティング形状を採用。ラインナップはMHEVもしくはPHEVとなりBEVは用意されない。

メルセデスとBMWの伝統的なセダンのなかでもど真ん中のEクラスと5シリーズが今回の対決。メルセデスはSクラス、BMWは3シリーズが実力・人気ともに高く、ブランドイメージに合っているとも思えるが、そういったキャラ立ちが抑えられているからクリーンで平等な比較になりそうだ。また、今回はガソリン2L直列4気筒ターボエンジンを搭載したエントリーモデルであることも比較するには都合がいい。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

まずはEクラスに乗り込んで走り出してみると、タイヤと路面のアタリ、ちょっとした凹凸でのサスペンションのフィーリングが優しく、いかにも快適だというのが伝わってきた。コレコレ! この瞬間がメルセデスなのよ、と独りごちながら走っていく。試乗車のE200にはエアサスペンションや可変ダンパー、リアアクスルステアなどがなく、シャシー関連は素の状態。それでこれだけ優しく乗員を包み込むフィーリングを濃厚に生み出しているのだからさすがだ。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

優しくて快適な乗り心地となると、柔らかすぎてフラフラとしてしまうイメージもあるが、そんなことは決してない。サスペンションがストロークしていくごとに粘りを増していくような感覚があり、ロールやピッチングは適度なところで抑えられる。高速道路でのフラットライド感は見事で安心感が高く、ワインディングロードをいいペースで走らせればたしかな操縦安定性が確認できる。コンベンショナルなシャシーで快適性と安定性をここまで高いレベルで両立させていることに脱帽せざるを得ない。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

少しだけ重箱の隅をつつくとすれば、高速域で大きめの凹凸を乗り越えた後に、上下動がわずかに残る。それがネガになるほどではないが、もう少しダンピングが効いて収束が早いほうが好みだという方もいるだろう。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

ハンドリングはメルセデス流で、コーナーへ向けてステアリングを切り込んでいくと最初の反応はマイルドでスポーティなフィーリングとは言えないが、そこから切り増していくとグーッとノーズがインに入っていって軽快でFRらしい動きをする。基本的なフィジカルは高いレベルにあるが、それを殊更に強調してはいないのだ。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

48Vマイルドハイブリッドだけあって2Lターボでもトルクに不足は感じない。必要十分な力感があって扱いやすく、アクセルを踏み込めば思いのほか活発な印象で高回転まで吹け上がっていく。サウンドもスポーツモードを選択すると迫力があり、お好みならばスポーティなフィーリングも出せますよと訴えているようだ。すべてにおいて優しくてマイルドながら、根っこの部分では高い実力を備えていることをそれとなく伝えてくるのがEクラスなのだ。

MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE

乗り心地が快適なのに走りも楽しい5シリーズ

5シリーズに乗り換えると、乗り心地が想像するよりもずっと快適なことにまずは驚いた。スポーティな味わいと引き換えにちょっとツンツンとする乗り味というイメージがあるが、まったくそんなことはない。強固なボディゆえにサスペンションがじつにスムーズにストロークしている印象が強い。

BMW 523i EXCLUCIVE/Cピラー下部にあるエンボス加工された数字の5、キドニーグリルには夜間走行時にライトアップするアイコニックグローを標準装備。ドライバーオリエンテッドなコクピットには先進のBMWカーブドディスプレイを採用。ガソリン&ディーゼルモデルに加えBEVのi5もラインナップ。

試乗車は可変ダンパーとリアアクスルステアがオプションで装着されていたので、その影響もあるだろうが、エンジン搭載車専用のEクラスに対して5シリーズはBEV(電気自動車)も用意するから、剛性面に余裕があるということだと推測できる。走り込んでいけば、Eクラスのように優しい感じではなく、少し硬質でいかにもスポーティなBMWらしさがにじみ出てくる。乗り心地が快適なのに、ワインディングを走ればきっと楽しいのだろうなと、普通に走らせているだけで予感させるのだ。

BMW 523i EXCLUCIVE

それは見事に具現化される。コーナーでステアリングを切り込んでいくと、いかにもフロント周りの剛性の高さを見せつけるように手応えがあり、切り増していけばミリ単位で正確に反応してビタッと思い通りのラインにのせていける。やはりBMWの魅力の根幹はハンドリングなのだと再確認。新型となってボディは大型化されたが、ハンドリングの正確性が高いおかげで道幅の狭いワインディングロードでも持て余すことはない。一体感があるからボディが身体の延長線上にあるかのようだ。

BMW 523i EXCLUCIVE

パワートレインで感心させられたのは、日常的なシーンでの実用トルクがじつに充実していること。1000rpm台でもアクセルをわずかに踏み増せば即座に反応してスーッと速度をあげていく。低回転域のトルクはEクラスとほぼ同等、MHEVのモーターも含めればむしろEクラスのほうが充実しているが、不思議と5シリーズのほうが日常域で頼もしい。トルクのスペックだけではなく、ドライバビリティを高めるべく、セッティングを煮詰めているのだろう。

BMW 523i EXCLUCIVE

ただし、高回転域ではそれほど活発というわけではない。スムーズに淀みなく回ってはいくのだが、リミットに近づいていくにつれてパワーの盛り上がり感が薄れていく。これは、本国には同じ2Lターボながらハイパワーの530iがあって、523iはECUなどで意図的にパワーを抑えているからで、エンジン本体のポテンシャルはあるがベーシックグレードゆえ、美味しいところを全部味わえるようにはなっていないのだろう。

BMW 523i EXCLUCIVE

2台とも走りの実力はとんでもない高みにある。100年を超えるエンジン車の知見・経験が伝統的なセダンに濃縮されていて、乗用車としてこれ以上ないくらいに、快適で走りの楽しさもあるのだ。実力は甲乙付けがたく、それぞれのブランドのアイデンティティが反映された味わいが違う。どちらかを選べと言われると難しいのだが、20年ほど前には多くのレースに出ていて、遠くのサーキットにもクルマで行くことが多かった。そのときはW210のEクラスに乗っていて、レースを終えて疲れているところに優しい乗り味がじつにありがたく、成績の悪さに落ち込んでいても癒やしてくれた。懐が深く、ドライバーを包み込んでくれるのがEクラスの魅力だ。

BMW 523i EXCLUCIVE

いまは年に2〜3回しかレースに出ていないので普段乗りのクルマもスポーティなほうが嬉しい。となると5シリーズに触手が伸びそうだ。ライフスタイルによって好みもかわってくるのだが、どちらをチョイスしても後悔することはない。メルセデスとBMWが誇る伝統的なセダンは、それだけ究極の乗用車であるからだ。

BMW 523i EXCLUCIVE

【SPECIFICATION】BMW 523i EXCLUCIVE
■車両本体価格(税込)=7,980,000円
■全長×全幅×全高=5060×1900×1515mm
■ホイールベース=2995mm
■車両重量=1760kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1998cc
■最高出力=190ps(140kw)/5000rpm
■最大トルク=310Nm(31.6kg-m)/1500-4000rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション=前:Wウイッシュボーン、後:マルチリンク
■ブレーキ=前後:Vディスク
■タイヤサイズ=前後:225/55R18
問い合わせ先=BMWジャパン TEL0120-269-437

【SPECIFICATION】MERCEDES-BENZ E200 AVANTGARDE
■車両本体価格(税込)=8,940,000円
■全長×全幅×全高=4960×1880×1470mm
■ホイールベース=2960mm
■車両重量=1790kg
■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1997cc
■最高出力=204ps(150kw)/5800rpm
■最大トルク=320Nm(32.6kg-m)/1600-4000rpm
■トランスミッション=9速AT
■サスペンション=前:4リンク、後:マルチリンク
■ブレーキ=前後:Vディスク
■タイヤサイズ=前後:225/55R18
問い合わせ先=メルセデス・ベンツ日本 TEL0120-190-610

フォト=宮門秀行 ル・ボラン2024年8月号より転載

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!