ベントレー、ユニークなラッピングカーで北西部のLGBTQ+イベントを祝う

全ての画像を見る

LGBTQ+コミュニティとあらゆる形態の多様性を祝福するために特別にデザインされた、世界に1台だけの「コンチネンタルGTC」

ベントレー モーターズは2024年7月5日(金)、LGBTQ+コミュニティへの通年サポートを行っていくことを、再確認した。英国北西部のプライドパレード用に、特別にラッピングされた4台目のプライドカーにより、LGBTQ+コミュニティへのサポートを行う。デザイナーのリッチ・モリス氏が特別に制作した色鮮やかなコンチネンタルGTCは愛、新しい人生、そして受容を象徴している。

人目を引くこのコンバーチブルは、オリジナルのユニファイング・スパーにインスパイアされた色とラインワークが特徴。混沌とした黒い一本の線が車を覆い、その落書きから顔が浮かび上がっている。これは性別やセクシュアリティを問わず、自分が何者であるかを受け入れようとするときに経験するネガティブな感情を象徴している。

【写真12枚】”フライングスパー”のストーリーを引き継いだデザイン 

これは春、愛、新しい生命を祝うヒンズー教の色彩の祭り「ホーリー祭」にインスパイアされたものである。この色彩は、メイクアップやスタイリングが、個人がなりたい自分になるためにいかに役立つかを示すために、顔を覆っている。これはLGBTQ+の人々が、普遍的に祝福される文化の中で、偏見なく自由に生き、愛することができる世界を促進するものだという。

社員は、社員主導のベントレー・ネットワークにつながるパートナーやアライとともに、クルー、ナントウィッチ、マンチェスターのプライド・パレードに参加し、すべての社員が職場に本当の自分を安心して持ち込むことができる企業文化があるというメッセージを強化する一助となる。

パレード自体も認知度を高め、困っている人たちに希望をもたらし、差別に挑戦する人たちを鼓舞し続ける一方で、進展を祝っている。

アート作品を制作したデザイナーのリッチ・モリス氏の談話
「2021年に私がデザインしたフライングスパーの成功に続き、ベントレーのためにこのプロジェクトに携わることができて光栄です。このデザインは、人が自分自身を発見する際に経験するかもしれない暗闇と不確実性を象徴しています。

フライングスパーと春、愛、新しい生命を祝うヒンズー教の色の祭り『ホーリー祭』の両方からインスピレーションを得た色とラインワークを採用しています。今年の車両は個人が本当の自分、本物の自分を受け入れ、ありのままの自分でいることをテーマにしています」

ベントレー モーターズのChief Communications and DEI Officerであるウェイン・ブルース氏は、次のように付け加えた。「私たちの4台目となるプライド・カーは、DEIの旅において特別な位置を占めています。この最初の一歩は、BeProudの創設を促し、私たちの継続的なDEIへの取り組みに火をつけるきっかけとなりました。

この最新のプライド・カーは、単なるプライド以上のものを象徴しています。それは、私たちの受け入れ、交差性、帰属へのコミットメント、そして年間を通じたサポートを表しています。このクルマは多様性と団結への私たちの献身を体現しており、誰もが自分の居場所だと感じられる文化の育成に努めています。

このクルマは #BelongingAtBentley が真に意味するものを凝縮した、私たちの使命の力強い証しです」

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!