映画『キャノンボール』キャストがお祝い! ランボルギーニ「カウンタックLP 400S」が45歳に

全ての画像を見る

レースを制した「カウンタックLP 400S」を駆る2人の女優が、1981年6月19日に公開された映画以来の再会を果たす

歴代自動車カルト映画の中でもトップクラスの人気を誇るのは、間違いなく『キャノンボール (原題:The Cannonball Run)』だろう。この映画に主演した「カウンタックLP 400S」の45周年を記念して、ランボルギーニ自動車は、1981年6月19日の公開以来初めて、女優のエイドリアン・バーボーとタラ・バックマンという、特別な女性クルーを招いた。

このランボルギーニ・カウンタックLP 400Sは、45年前の1979年11月生産。ネロ(ブラック)のエクステリアとセナペ(マスタード)のインテリアを持つこのカウンタックは、当時ローマにあったSEAのディーラーに出荷されたのちにアメリカで直接販売され、フロリダにたどり着いた。そのオーナーは映画監督の友人であり、その契約はアメリカの歴史にその名を刻むことになる”伝説”の始まりとなった。

“舞台メイク”として、ノーズにはウイングと2つのフルビームヘッドライト、スポイラー、3つのアンテナ、12本のエキゾーストパイプが取り付けられ、助手席の前には2つの偽計器が取り付けられた。

撮影終了後、カウンタックは正規のオーナーに戻されたが、このクルマのために特別に作られたユニークな変身を変更することはなかった。弁護士でランボルギーニ愛好家のジェフ・イポリティは、1981年に映画のオープニング・シーンを観た少年時代、スクリーンの中で夢を見させてくれたのと同じクルマを自分が所有する日が来るとは想像もしていなかったという。

「もともとクルマに夢中だったのですが、映画のオープニングで初めてこのカウンタックが動いているのを見聞きし、虜になりました!  初めて実物を見たのはそれから26年後のことで、家に持ち帰ることができるようになるまで、さらに1年半の交渉期間を要しました」

【写真31枚】全米が憧れた! 「ランボルギーニ・カウンタックLP 400S」 

映画『キャノンボール』
この映画は、実際のキャノンボール・レースにインスパイアされたもので、参加車はニューヨークをスタートし、ロサンゼルスにゴールするまでの最短時間でアメリカを横断するものだ。ロジャー・ムーア、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィスJr.、ジャッキー・チェンといった俳優や、ファラ・フォーセット、エイドリアン・バーボー、タラ・バックマンといった女優が出演している。

後者の2人は、このレースで唯一の女性クルー役を演じ、優勝したカウンタックを運転した。最も印象的なシーンは、カウンタックのキャブレター付き12気筒エンジンがサウンドトラックに加えられた、最初の3分間のポリス・チェイスである。

また、映画のオープニングでは、カウンタックが急停車し、パッセンジャーがコックピットから降りて道路標識にスプレーで「X」を描くシーンがある。これらのシーンはクルマ好きの間で伝説となり、アメリカの伝統の一部となったほどで、カウンタックは米国議会図書館に”登録”された数少ないクルマのひとつとなった。

アメリカ議会図書館
人間の天才的な才能の結晶である芸術品は、それに関連するすべての知識を、アメリカ合衆国で最も尊敬され、伝統ある機関のひとつである米国議会図書館に登録されることが可能だ。しかし、そのためにはまずアメリカの歴史、社会、伝統にとって極めて重要なものであると認められなければならない。

ひとたびこの認定を受けると、今日この認定を受けたクルマは30台余りあるが、その特定のクルマに関連するすべての知識、構造設計から写真、オリジナルの文書からその歴史に関連するものまでが、議会図書館のホールに保存され、アーカイブされるのだ。

映画のカウンタックLP 400Sはこの栄誉に値すると判断され、映画公開40周年を迎えた2021年に30台目の栄誉に輝いている。

スターたちの思い出
1981年に映画で共演して以来、彼らは直接会っていない。だからこそ、主演のエイドリアン・バーボーとタラ・バックマンが語ったインタビューと説明は、特別なものといえるだろう。当時、彼女らが乗っていたのと同じカウンタックが背景となり、すべてがさらに魅力的になった。

そして、彼女たちの記憶が蘇り始めた。「二人ともランボルギーニを見たことも、ましてや運転したこともなかったの。当時、ランボルギーニが年間50台あまりしか生産されていなかったのおmあるんでしょうけれど」。この映画でマーシー・サッチャー役を演じたエイドリアン・バーボーは、こう語り始めた。

映画でジル・リバーズを演じたタラ・バックマンは「私たちは最高のクルマを持っていたし、間違いなく最も美しかったわ」と付け加えた。カウンタックには勝者の風格がある。ほかのどのマシンも勝つことはできなかった。そしてオープニングのシーン、あのサウンドトラックとカウンタックが疾走し、パトカーとかくれんぼをする姿。「カウンタックだけが、あのような効果を得ることができたんだと思う」

この映画が今日のような伝説的なステータスになることを予想していたかどうかという質問に対して、二人はこう答えた。「私たちだけでなく、撮影中、誰もこの信じられないような、長く続く成功を予想していなかったでしょう!」と。

「サインを求められるようになるまで、この映画がどれほど成功したのか、まったく気づかなかったんです。ホラー映画で女優として成功し、バットマン映画でキャットウーマンを演じているにも関わらず、人々は何よりもカウンタックのモデルカーにサインを求めてくるのです」

「私も、カウンタックの写真やモデルカーに何回サインしたか覚えていません!」とバックマンは付け加えた。

彼女たちのお気に入りのシーンをいくつか紹介しよう。「タラがクルマから降りて、道路標識にXをスプレーするシーン」とエイドリアン・バーボー。一方、タラ・バックマンは「カウンタックをパトカーが追いかけるオープニングシーン。素晴らしいオープニング・シーンのある映画はたくさんあるけれど、これは間違いなく史上最高のシーンのひとつね」

この映画がアメリカの文化や社会にどのような影響を与えたと思うか尋ねると、バーボーはこう答えた。「だから、誰もがこのランボルギーニを知っているんでしょ」「それだけじゃないわね。ランボルギーニに乗った2人の女の子もみんな知っている。私たちはその役割と切っても切れない関係にあるのです」とバックマンが付け加えた。

「ランボルギーニ・ポロ・ストリコ」
ランボルギーニ・ポロ・ストリコは、アウトモビリ・ランボルギーニの歴史的遺産を担当する社内部門であり、会社のアーカイブの管理と研究、歴史的なランボルギーニの修復と認証を行っている。

2015年春にサンタアガタ・ボロニェーゼの本社に設立されたランボルギーニ・ポロ・ストリコは、世界中から訪れるクラシック・ランボルギーニのコレクターのための参照点であり、1963年の最初の「350 GTV」から2001年に生産された最後の「ディアブロ」までのモデルを担当している。

ポロストリコの活動は、主に3つの分野に焦点を当てて行われている。アーカイブは、ランボルギーニ自動車の歴史的財産である技術的および商業的な情報と文書で構成されている。認定は車の文書、アーカイブ、技術的な分析の詳細なプロセスの集大成であり、検査された車の真正性を証明する専用の本の発行で締めくくられるそうだ。

ランボルギーニのアフターセールスディレクターであるアレッサンドロ・ファルメスキ氏は、次のようにコメントしている。「私がアメリカのランボルギーニで働いていた頃、このカウンタックLP 400Sとその並外れた歴史を知る機会がありました。

このクルマは、ランボルギーニ・ブランドとカウンタック・モデルに対する情熱に火をつけたクルマであり、多くの若いエンスージアストたちが、成長した後、私たちのブランドとクルマの顧客として私たちのところに来てくれたのです。

そのスペックは、工場を出たときとまったく同じではありませんが、ランボルギーニにとって、また、国会図書館に登録されたことが証明しているように、自動車文化にとって、さらには国全体の文化にとって、歴史的に重要であることは間違いありません。

ランボルギーニとして、私たちは誇りを持ち、映画『キャノンボール』の忘れられないクルーとこの車を再会させることで、45周年を祝うことができることをうれしく思います」

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!