マセラティMC20のスパイダー・バージョン、「MC20チェロ」発表!広い空の下で運転する悦びと楽しみを追求!!

2022/05/26 21:00

同時にオーダー受付開始、デリバリーは来年初春予定

マセラティはスーパースポーツカーMC20のスパイダー「MC20チェロ」を発表した。MC20チェロは真のスーパースポーツカーとしてのパフォーマンスと、未だかつてないほどの「運転する悦び」を全身で感じることのできる没入感が特徴の、唯一無二のモデルだという。

マセラティのスポーティなDNAと独創的な仕様の結合
その車名は、マセラティ・コルセ(「レーシング」の意)を指す「MC」、マセラティブランドにとって新時代の幕開けとなった2020年を指す「20」、そしてイタリア語で「空」を指す「チェロ(Cielo)」を意味する。V6 ネットゥーノ・エンジンを搭載するMC20チェロは、格納式ガラスルーフという独創的な仕様によって、スポーツ性とラグジュアリーの完璧な融合を実現したとのこと。
このスパイダーでは、センタースクリーンのボタンに触れるだけで、車窓が一瞬にして透明から曇った状態へと変化する、最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)ウィンドウを採用。また、ルーフの断熱性と開閉速度(わずか12秒)も業界最高レベル。ルーフを閉じ窓を曇らせれば何かに包まれたような感覚が、ルーフを透明にすれば光が溢れるような感覚が、そしてルーフトップを格納すれば外の世界を全身で感じることが楽しめるという。

美しいデザインと最先端のエアロダイナミクス
新型スパイダーのエレガントかつスポーティなデザインは、風洞テストでルーフ開閉状態に関わらず全方向から検証された最先端のエアロダイナミクスによるもの。余分なものを削ぎ落とした中で唯一、MC20と同じバタフライドアを採用したことがサプライズ感を演出、キャビンへの乗降を容易にもしている。クーペと比べ重量の増加はわずか65kg。圧巻のパワーウェイト比率に加え、カーボンファイバーシャシー(クーペ、スパイダー、将来発売される電動バージョンの3モデル共通)が徹底的なねじれ剛性を確保、公道やサーキットにおける卓越したハンドリングを実現するという。
ローンチカラーには、カスタマイズプログラム「フォーリセリエ」で提供される新しい3層のメタリックカラー「アクアマリーナ」を採用。光との相互作用で驚くような色彩の変化を見せるアクアマリーナは、パステルグレーをベースに虹色のアクアマリン/マイカが色あいを鮮やかにすることで、格別の存在感を放つ。

また、MC20チェロには様々なアクティブ・セーフティシステムを搭載。MY22からMC20に装備されたパーキングセンサー、リアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度カメラを装備。
さらに、「ハイ・プレミアム ソナス・ファベール(Sonus Faber)」オーディオシステムがオプションで装備される。EISAアワードを受賞したMC20クーペの車載オーディオシステムを、スパイダー車内固有の音響・配置ニーズに合わせて最適化し、ソナス・ファベールのオーディオシステムの特徴ともいえる「ナチュラルサウンド」を実現する12個のスピーカーを配置したという。車内においてはマセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)マルチメディア・システムとマセラティ・コネクトで操作することが可能だとのこと。
日本での価格は税込3,385万円を予定しており、本発表と同時にマセラティ正規ディーラーでオーダー受付を開始。デリバリー開始は2023年初春の予定だ。

公式サイト

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧