【スクープ】VW初のフルサイズSUV、クーペ版『タラゴンX』プロトタイプを初スクープ!

2022/02/21 13:00

全長5mオーバー、全幅も2m超えの堂々たるサイズ

VWは2021年4月、中国市場向け新型クロスオーバーSUV『タラゴン』を発表したが、そのクーペ版と思われる市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

タラゴンは、中国第一汽車(FAW)との合併会社により開発されたブランド初のフルサイズ・クロスオーバーSUVで、ボディサイズは全長5152mm、全幅2002mm、全高1795mm、ホイールベース2980mmを誇る。

今回捉えたプロトタイプは、はコードネーム「VW416/3」と呼ばれるタラゴンのクーペバージョンと見られる。開発は序盤とみられ、ヘッドライトはダミーを装着、プロポーションはタラゴンに似ているが、ボディパネルは異なりリアウィンドウが傾斜しているのが特徴だ。

市販型では、モジュラー「MQB」プラットフォームを採用、5人乗りのキャビン構成と広い貨物スペースを備えている。全長は4.9mで「タイロン」より若干大きいと予想される。

パワートレインは、2.0L直列4気筒TSIエンジン、及び2.5L V型6気筒TSIエンジンをラインアップ、7速DSGトランスミッションと組み合わされ、4Motion全輪駆動システムを搭載する。

市販名は「テラモント」とクーペ版「テラモントX」の関係に習い、「タラゴンX」が有力とされている。捉えたのはスウェーデンだが、耐寒テストのために持ち込まれたものであり、欧州で販売される可能性は低く、中国専売となりそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧