「430セドリック」は尻下がり感が大事!アオシマ製プラモのタクシーをよりリアルに仕立てる【モデルカーズ】

2022/01/28 10:00

キット化の例の少ない最廉価モデルをコダワリのモデリング!

車種消滅後も、日本を代表する高級車の一方の雄として今なお人々に強い印象を残している日産セドリック/グロリア。1960年登場の初代から10代目(グロリアとしては11代目)まで、歴代モデルには”旧車”としてそれぞれ様々な層にファンがいるが、新車当時の人気がひときわ高かったモデルの筆頭に、5代目セドリック/6代目グロリアである430型系が挙げられるだろう。


430型は1979年にデビュー、1983年まで生産・販売されたモデルだが、この世代が人気を集めた要因として大きいのは、国産市販車初のターボエンジン搭載車がラインナップされたことである。ターボはモデルチェンジ翌年の1980年に追加されたもので、それまで連綿とセドグロに使われて来たL型2リッター・エンジンにターボチャージャーを装着したL20ETを搭載、日産では高性能よりむしろ省エネ・高効率をアピールしていた。これより後、日産に限らず国内様々なメーカーからターボ車が続々と登場して1980年代はターボの時代となったものである。


430の高い人気はターボモデルだけでなく、そのクリーンなスタイリングによるところも大きい。直線基調のスッキリとしたデザインは、来るべき1980年代をイメージさせるものであった。430型系のボディバリエーションは4ドアのハードトップとセダン、そしてバン/ワゴンがあったが、先代までラインナップされていた2ドア・ハードトップは、追ってデビューするレパードにその座を譲る形で消滅。

ミニカーやプラモデルの題材としても人気のあった430ながら、1/24スケールのプラモ化はハードトップが多く、セダンのキット化は当時はオオタキのみであったが、2010年代に入ってアオシマが新たにセダンをキット化して注目されたのは記憶に新しいところだろう。ここでお見せしているのは、このアオシマ製430セダン・スタンダードのタクシー仕様を制作したものだが、より実車の印象に近づけるよう、ボディ各部に修正を施している。

セドリックは尻下がり感が大事!
このキットの最も気になるポイントはリアデッキ上面が四角ばっているところだが、作例では大きく切り込みを入れて再接合することでこれを解決。リアオーバーハング自体の幅が少し広いようなので、ボディおよび別体の下部パネルに切り込みを入れたりバラバラにして再接合したりして、これも解決している。同時に、リアガーニッシュ取り付け部の角度もキットのままより寝かせるように改修した。

ガーニッシュのパーツはメッキを落とした上で大きく切り込みを入れ、ボディにハメた状態で瞬間接着剤を流して角度を変更(この時点でボディに接着したのではないので注意)。テールレンズは削り込んで厚みや側面形を修正した。フロントマスクも裾の厚みが足らないようなので、プラ板を貼って削り込んで調節している。ルーフパネルやトランク上面はスミを削り込んで面に張りを持たせ、角ばっているだけではない実車の微妙な形を捉え直すよう努めてみた。

こうして形を色々といじった甲斐あって、実車の持つ雰囲気により肉迫できたのではないと思うのだが、いかがだろうか? こんな風にこだわって作っても、あるいはそのままサラッと作っても楽しい430セダン、21世紀になってあらためてキット化してくれたアオシマに、まずは感謝したいところだ。

作例制作=秦 正史/フォト=服部佳洋 modelcars vol.282より再構成のうえ転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧