イメージ一新、BMW M8シリーズがマイナーチェンジ!

2022/01/27 08:00

内外装のカラーや細部をブラッシュアップ!

BMWが新型8シリーズを発表したのに伴い、M8シリーズも内容に一部変更を受けた。BMW Mがチューニングを手掛けるこのスポーツモデルは、8シリーズの3つのボディ形状、すなわち2ドアのクーペとコンバーチブル、4ドアのグラン・クーペのそれぞれで用意されており、また、各モデルにはハイパワーバージョンのコンペティションも用意され、合計で6モデルから構成されている。

8種の新色を用意、Mライト シャドウラインもオプション設定
パワフルかつエレガントなボディラインを強調するボディカラーとして新色8種類が登場。スカイスクレイパーグレーメクタリック、ブルックリングレイメタリック、アイルオブマングリーンメタリック、BMWインディビジュアルラッカータンサナイトブルーメタリックの4色のほか、さらにフローズンカラー(マット仕上げ)が用意されている。フローズンピュアグレーメタリック、フローズンディープグレーメタリック、フローズンディープグリーンメタリック、フローズンタンザナイトブルーメタリックの4色がそれである。


さらに外観では、Mライト シャドウラインをオプションとして装着することも可能となった。これはヘッドライトインサートをダークな色調としたもので、ブラックのキドニーグリルと相まって、フロントマスクをスポーティに演出する。また、20インチのライトアロイホイールには、新たなスタースポークデザインのタイプも加わった。

インテリアにも様々な変更が
室内では、新型8シリーズ同様にコントロールディスプレイが12.3インチへとサイズアップしたほか、素材とカラーにも変更が加えられている。メリノレザー/アルカンターラのトリムが標準装備となるが、ブラック/サキールオレンジのカラーコンビネーションが選択可能となった。さらに、ブラック・アルカンターラで覆われる部位はインストルメントパネルおよびドア上部にまで拡大されている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧