クラス初の装備がてんこ盛り「トヨタ・ノア&ヴォクシー」がフルモデルチェンジ! アドバンストパークの動画は必見です!

充実の快適装備と最新の安全装備でより魅力あるミニバンへと正常進化

トヨタは1月13日に新型「ノア」と「ヴォクシー」を公開、同日より販売を開始した。

2001年11月に発売したノアとヴォクシーは、乗り降りしやすいスライドドアと、多くの人や荷物を載せられる広く快適な室内空間を持つミニバンとして、ファミリー層を中心に多くのユーザー広く親しまれている。今回登場した4代目は「より快適に」「より便利に」「より安心な」ミニバンをコンセプトに、初代から受け継がれる優れたパッケージングと使い勝手の良さを一層深化させつつ、最新の先進装備を採用し、より魅力あるミニバンを目指して開発された。

ノアは「堂々・モダン・上質」と「王道・アグレッシブ」の2つのキーワードを、ヴォクシーは「先鋭・独創」をキーワードにそれぞれの特長を際立たせた個性的な3つの世界観をデザインにて表現している。

■ノア

ノア S-Z(写真はエアロモデル/ハイブリッド・2WD・7人乗りタイプ)

ノアのエアロモデルは押しの強いフロントメッキグリルと重厚なエアロ表現を採用した、王道を征くアグレッシブな外観スタイル。

■ヴォクシー

ヴォクシー S-Z(写真はハイブリッド・2WD・7人乗りタイプ)

ヴォクシーでは個性的なフロントグラフィックとシャープなフロント・リアランプが印象的で存在感のある先鋭・独創スタイルが特徴だ。

細かいところに手が届いた快適機構の数々

7人乗りのセカンドシートには、キャプテンシートを採用。クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、USBポートを備えた折り畳み式のサイドテーブルを装備。シートリクライニング機構の見直しにより、シートを一旦横にスライドさせることなく、ストレート超ロングスライド(スライド量745mm)を実現している。パワースライドドア装着車には、「ユニバーサルステップ(助手席側)」を設定。ドアの開閉に合わせて”からくり”を使って機械的にドア下からステップを展開。また左右のBピラー部分にはロングアシストグリップを標準装備、子供から高齢者まで幅広く、皆に優しい乗降性を提供している。パッケージオプションとして、「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」を設定。キーを携帯している状態であれば、フロントドア下に足をかざすだけで、スライドドアを自動で開閉することが可能だ。

ボディ骨格の最適化によって左右のCピラー間距離を従来比+75mmとなる1295mmを実現。3列目シートまで広く快適な車内空間を創出している。また、3列目シートは1:1で格納が可能で、折り畳むとふらっとで広大な荷室空間が出現。座席収納機構の見直しにより格納はワンタッチ、片手で素早く出し入れが可能だ。

バックドア開閉時には、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を世界初採用。車両後方のスペースが狭い時でも、容易にバックドアから荷物の積み下ろしができる。またパワーバックドア装着車には、両サイドのリアクォーターパネルのドアスイッチから開閉操作が可能だ。

「ENERGETIC ATRIUM」をコンセプトとした内装デザインは、すべてのユーザーが活き活き・満足できる快適な空間をスッキリとしたスタイルで表現。ドリンクホルダーやスマートフォントレイなどの位置は、ユーザーがより使いやすいようにと細かく検討されたという。

10.5インチのHDワイドディスプレイを搭載したディスプレイオーディオはコネクティッドナビである「T-Connect」にトヨタ初対応。車両に搭載された地図情報でなく、センターからの通信で取得した最新の情報で目的地・周辺情報・ルート検索が可能だ。また「Hey、トヨタ」で起動する音声認識サービス「エージェント」は目的地設定だけでなく、エアコンの温度や窓の開閉などの車両操作にも対応している。

ハイブリッド車のエンジンルーム。

1.8L直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE)を採用した新世代ハイブリッドシステムは電動パワーモジュールを新規開発。モーターおよびバッテリーの出力拡大と制御の効率化により、ダイレクトで心地よい加速フィールとクラストップレベルの低燃費を両立している。

今回のために刷新された電動パワーモジュール。モーターの出力は従来型比で15%の軽量化と小型化を実現、ギアの最適化と専用オイルの開発により出力は従来型比で16%向上した。パワーコントロールユニットは新規開発の半導体でパワーロスを29%低減した。ハイブリッド用のバッテリーも新規開発のリチウムイオン電池セルを採用、15%の出力向上を果たしている。4WD車用のリアトランスアクスルも新規開発。小型化と安定した旋回性能を実現した。

ガソリン車は2リッターのダイナミックフォースエンジンを搭載する。

その他にも先進機能装備として、より機能が向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載。自動ブレーキを始めとしたプリクラッシュセーフティ、高速道路でのレーンチェンジアシストなど充実の装備だ。また、自動車専用道路の渋滞時(0km/h~40km/h)におけるアドバンスドドライブ(渋滞時運転支援)をトヨタ初採用。レーダークルーズコントロール及びレーントレーシングアシストの作動中に、ドライバーが前を向いているなど一定の条件を満たすとシステムが作動し、認知、判断、操作を支援することで、ドライバーは渋滞時の疲労軽減が可能となり、より周囲に注意を払った安全運転が可能。

駐車支援機能であるアドバンスドパークも、従来のバック駐車に加えて前向き駐車に対応。更にはオプションにて専用スマートフォンアプリを用いて遠隔操作での駐車・出庫ができるリモート機能も用意(ハイブリッド車のみ)。これまでにない、より幅広い場面での駐車支援が可能だ。

公式ページ (ノア):https://toyota.jp/noah/ 
公式ページ(ヴォクシー):https://toyota.jp/voxy/

フォト:CARSMEET WEB編集部

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧