911GT3のパフォーマンスは欲しいけど大型のリアウイングがちょっと……という方へ!「ポルシェ911GT3ツーリングパッケージ」が登場

基本は6速MT仕様だが、PDKでも追加料金なし!

ポルシェジャパンは新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約受注を6月16日(水)より開始した。価格は6速MT/7速PDK 右/左ハンドルとも、22,960,000円となっている。

この911 GT3ツーリングパッケージは性能を誇示しない、控えめな表現を好むユーザーのためのモデルだ。重量わずか1,418kgのこの純粋主義の911 GT3には、6速GTスポーツマニュアルギアボックスが標準装備されており、追加料金なしで7速PDKデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせることもできる。

エクステリアにおける通常の911 GT3との最も大きな違いは、固定式リヤウイングが取り払われたことだ。自動展開するリアスポイラーが、控えめな表現で高速走行時に必要なダウンフォースを確保。サイドウインドウのハイグロスアルマイト製シルバーカラーのトリムストリップは、控えめな外観を引き立てる特徴にもなっている。フロントエンドは、エクステリアカラーと同色にフル塗装され、特にエレガントなブラックのエクステンデッドレザーアイテムを使用したインテリアは、911 GT3ツーリングパッケージ仕様の専用で、ダッシュボード前部とドアトリムパネル上部セクションには、特殊エンボス加工が施されている。

実はこの「ツーリングパッケージ」という名前は、1973年モデルの911カレラRSに用意された仕様に遡る。そのとき、すでに純粋な911デザインとクラシックなインテリアエレメントに焦点が当てられていたが、ポルシェは2017年に再びこのアイデアを復活させて、先代の911 GT3にツーリングパッケージを提供。それ以来このバージョンは、控えめな表現とクラシックなドライビングプレジャーに対する大きな情熱を備えたトップクラスのスポーツカーとして愛好家たちを魅了してきた。

最高出力375kW(510PS)を発生する4.0L水平対向6気筒エンジンは、“GT3 touring”ロゴが入ったユニークなデザインのリアリッドグリルの下にレイアウト。サイドウインドウとスポーツエグゾーストシステム テールパイプのトリムストリップはシルバーカラーで、オプションのエクステリアツーリングパッケージでは、これらのエレメントはサテングロスブラックで仕上げられている。
インテリアにもクラシックスポーツカーの雰囲気を提供しており、ステアリングホイールリム、ギア/セレクターレバー、センターコンソールカバー、ドアパネルアームレスト、およびドアハンドルがブラックレザーで覆われる。パーシャルレザーインテリアは、ブラックのステッチが特徴で、シートセンターパネルはブラックファブリック仕上げとなり、ルーフライナーもブラック。ヘッドレストには、ポルシェエンボス クレストがあしらわれる。ドアエントリーガードと、ダッシュボードとセンターコンソールのトリムエレメントは、ブラック ブラッシュアルミニウム仕上げとなる。

公式ページ https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-gt3-models/911-gt3-touring/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!