マツダが販売済みモデルの制御プログラムなどを最新化するサービスを開始!

H.Tanaka
AUTHOR
2021/02/19 17:00

「マツダ3」とマツダ「CX-30」の初期モデルを対象に制御プログラムを最新化!

マツダは、既存モデルに乗るユーザーを対象に保有車両の商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス「マツダ・スピリット・アップグレード」を開始する。その第1弾として、「マツダ3」と「マツダCX-30」の初期型モデルを対象に、以下の制御プログラムの最新化サービスを2月19日より実施する。これは、昨年11月に道路運送車両法の一部が改正。使用過程時の車両へのソフトウェアアップデートによる性能変更や機能追加(改造)が可能となった許可制度にのっとって実施されるものだ。

実施されるアップグレードのサービス内容

①新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」エンジン搭載車のエンジンとATトランスミッション制御プログラム (2019年11月8日~2020年11月27日生産のe-SKYACTIV X搭載車対象):素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性が向上。高回転まで気持ちよく伸びるドライビングフィールが進化し、マツダが目指す人馬一体の走りにさらなる磨きがかかる。

②クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の制御プログラム(2019年4月2日~2020年12月1日生産のCTS装着車対象):作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ、高速道路や自動車専用道路の渋滞時等に運転疲労の軽減をサポートする。

③マツダ・レーダー・クルーズコントロール(MRCC)の制御プログラム(2019年3月5日~2020年8月28日生産の全車対象):追従走行における加減速制御を、より人間特性に合わせより滑らかにする。

マツダは、ブランド価値を高める取り組みとして継続的に商品改良を進めている。2020年11月のマツダ3、12月のCX-30の商品改良では、制御プログラムの最新化によりエンジンおよび安全技術の性能が向上した。このe-SKYACTIV Xエンジンの性能の改良は、2019年に初めて国内に導入したe-SKYACTIV X搭載車を購入したユーザーの走行データなどをもとに実現。今回はe-SKYACTIV Xエンジン搭載車を愛用するユーザーへの感謝の意を込めて特別に無償で制御プログラムを最新化することになったという。

なお、対象のユーザーはサービスキャンペーン(プログラムアップデート)の案内が届き次第、最寄りの販売店で制御プログラムを最新化。最新モデルと同等の性能が得られることになる。

サービスキャンペーン(プログラムアップデート)の詳細は、以下のマツダホームページを参照のこと。
https://www2.mazda.co.jp/service/recall/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!