フォルクスワーゲン カタログ2008年版 03 《VWゴルフ・トゥーラン》【VW GOLF FAN Vol.14】

2021/01/26 08:00

※この記事は2007年12月に発売された「VW GOLF FAN Vol.14」から転載されたものです。

ミニバンらしからぬ実力に満ちた“ゴルフのミニバン”

多人数乗車や日常での実用性といったミニバンの基本性能に、「これがミニバン!?」と驚嘆するハイレベルな走行性能を融合。ゴルフのミニバンには、常識を超えた実力が備わっている。

■model summary

TSI Trendline
275万円(6速DSG/4ドア/右ハンドル)
TSI Highline
325万円(6速DSG/4ドア/右ハンドル)

実はゴルフVよりも先に日本デビューを果たしたトゥーラン。現行モデルは’07年3月に上陸した新型で、エンジンをツインチャージャーのTSIに積み替え、さらにワッペングリルを採用するなどVWの最新トレンドを採り入れたモデルだ。グレードはトレンドラインとハイラインの2モデル構成。

Outline

2+3+2の7人乗り3列シートを採用するミニバンが、ゴルフ・トゥーランだ。全長4420mm×全幅1795mm×全高1660mmのボディは、ゴルフ・シリーズのなかではヴァリアントに次いで長く、最も幅広で最も背が高い。ホイールベースもシリーズ最長となる2675mmだ。そうした余裕ある車格は、もちろん室内空間の余裕に繋がり、特に頭上空間は広々と快適性に優れる。またそれは、乗降性の良さやチャイルドシート装着のしやすさなどにも効果的に働き、ファミリーユースにはまさに最適なゴルフといえるだろう。

ハイラインにはゴルフGT TSIと同様のハイパワー170psバージョン、トレンドラインには140psのマイルドバージョンと、2タイプのTSIエンジンを設定。同じ1.4L直4DOHC16Vターボ+スーパーチャージャーから、ハイラインは170ps&24.5kg-m、トレンドラインは140ps&22.4kg-mを発揮する。組み合わせるミッションは共に6速DSGを搭載。

3列目は背もたれも座面もやや薄めの造りに見えるが、構造自体はしっかりしており、大人の体重も問題なく受け止める。が、スペースはかなり狭くなるため(頭上空間の広々感も2列目まで)、やはりエマージェンシー的な役割となる。とはいえアレンジ性には優れており、左右別々に床下収納できるし、その際の床面のフラット感もなかなかのもの。加えて2列目は3座分割式で、それぞれを背もたれ前倒し、座面ごとチップアップ、さらには取り外しも可能。国産ミニバンにも負けない、便利なシートユーティリティを誇る。

3列目はキレイに床下収納でき、しかも左右独立しているから、人数と荷物量にフレキシブルに対応する。2列目は前倒し/チップアップ/取り外しが可能と、まさにスペースは変幻自在。取り外し状態の積載容量は1913Lと圧巻だ。3座独立式の2列目は座る場所がはっきりと確保されているので、3人乗りがとてもしやすい。

トゥーランは、このような使えるミニバン性能と、後述するミニバンとは思えない高次元の走行性能を併せ持つモデル。国産の同クラスミニバンと比べれば価格は少々高くなるが、それに見合う価値は多分にある。

VW GOLF FAN Vol.14から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!