日産が冬のアウトドアに最適なEVバンの「e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプト」を発表

H.Tanaka
AUTHOR
2021/01/22 09:00

「e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプト」は電力の自給自足や向上した悪路走破性が魅力に!

日産自動車は1月20日、冬のアウトドアをより快適にサポートする電気自動車のコンセプトバン「e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト」を発表した。

日産の100%電気LCV(小型商用車)である「e-NV200」をベースに欧州で製作された「e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト」は、環境への影響を最小限に抑えながら電気自動車ならではの走りで冬のアウトドア活動をサポート。この車専用に施された改良によって、雪道での走破性性能を高めるとともにキャンプシーンでの高い利便性を実現している。

その詳細だが、「e-NV200」および「e-NV200 Evalia」に欧州限定の「Nissan Camper Technology Luxury Kit」を架装。ルーフに設置されたソーラーパネルにより搭載された220Vバッテリーへの充電を可能とし、電力の自給自足による快適性と実用性を兼ね備えたキャンプを実現。バッテリーの電力で稼働する備え付けのキッチンや冷蔵庫に加え、折りたたみ式のベッドや断熱ガラスは、あらゆる環境下でのアウトドアライフを快適にしている。

また、専用に施されたチューニングによって、悪条件下での走行性能も向上。プレミアムオフロードタイヤと引き上げられた地上高は、泥や雪の中でも最適なトラクションと走破性を確保。加えてフロントの強化スチールバーに取り付けられたツインスポットライトが夜間の視認性を高めている。また、欧州設定の日産純正アクセサリーとしてフロントとリヤのマッドガード、ドアエントリーガード、サイドバー、ラバーマットを装着してアウトドアテイストも高められた。

「e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト」は、日産が培ってきた電動パワートレイン技術を採用。パワーユニットは、最適化された出力と航続距離を提供。クイックな加速と力強いトルクを実現し、Bモードとエコモードはそれぞれ回生ブレーキを強めることで、より効率よくエネルギーをマネージメントしている。

欧州日産のLCV事業部長であるドミトリー・ブスルキン氏は、今回のコンセプトカーについて以下のようにコメントしている。
「電動車両は、環境への影響を意識しながらもワクワクするような運転体験を提供します。アウトドアのエッセンスと電気自動車ならではのパワーを備えたコンセプトバン『e-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト』は、ゼロエミッションモビリティの明るい未来を表現しています」

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!