「VWゴルフVヴァリアント」でロングドライブ【VW GOLF FAN Vol.13】

2021/01/22 08:00

※この記事は2007年9月に発売された「VW GOLF FAN Vol.13」から転載されたものです。

ワゴンがこんなにカタくていいの?

ゴルフ・ヴァリアントに設定されるエンジンは2タイプ。まずは170ps&24.5kg-mを発揮するコンフォートラインの1.4LツインチャージャーTSI。ゴルフGT TSIから始まったお馴染みのエンジンである。もうひとつは200ps&24.6kg-mという、なかなか刺激的なスペックを誇る、スポーツラインの2.0LターボTSIだ。このキャラクターの異なる2つのTSIエンジンの燃費と走りをじっくりと検証するべく、伊勢へのツーリングに旅立った。

先に試乗したのはスポーツライン。早朝の東京駅を出発し、都内を抜けて東名高速へと向かう。いきなり感じたのは2ターボTSIの劇的な速さと、ちょっとまいるくらいの足回りのカタさ。スポーツラインに採用されるスポーツサスと、225/45R17サイズのタイヤによる足回りは思った以上にハード。横断歩道や首都高の道路の継ぎ目を乗り越えるたびにショックがゴツゴツと響き、「ワゴンがこんなにカタくていいのか?」的な印象を持ったまま走り続ける。

そして、箱根に寄り道してワインディングに突入。ここではステーションワゴンとは思えないほどの、かなり飛ばしてコーナーに入っても粘って曲がるスポーツサスの特性をよく体感できたが、「そもそもワゴンってこんなに飛ばさないんじゃ……」と、まだカタさによるネガな要素は拭い切れなかった。まあ、これは後でコンフォートラインと乗り比べて、良い部分として昇華していったのだけれど。

箱根からはコンフォートラインに乗り換え、御殿場ICから東名に入り、高速域での燃費テストを行なった。カタさに「?」を感じていたスポーツラインの後だと、コンフォートラインははるかに快適。ワゴンらしいスマートな乗り心地で、かといって箱根のコーナーでもよく粘ってくれる。

東名高速を西にひた走り、知多半島(写真の赤煉瓦の建物は旧カブトビール工場)を巡り、伊勢へ。猛烈に旨い炉端焼き屋を満喫して1泊。翌日は早朝から伊勢志摩スカイラインへ。そして鳥羽から伊勢湾フェリーで伊良湖岬へ渡り、豊川ICから東名を東にひた走って東京に。これが今回の伊勢ツーリングのルートだ。

高速走行時の安定感もよく、東名・富士川SAから知多半島道路・半田中央ICまで約220kmの高速走行もほとんど疲れ知らず。また、1.4LツインチャージャーTSIは、約1.5トンの重いボディをレスポンスよく走らせてくれる。100km/h巡航はもちろん、追い越し車線に出て加速しても、鈍いと感じることは一切なかった。

VW GOLF FAN Vol.13から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!