2021年のダカール・ラリーはMINIが連覇を達成!

AUTHOR
2021/01/19 10:00

「MINIジョン・クーパー・ワークス・バギー」を駆ったステファン・ペテランセル自身は、二輪と合わせて通算14度目の総合優勝に輝く

BMWグループは、1月15日にゴールを迎えた第43回ダカール・ラリー2021において「MINIジョン・クーパー・ワークス・バギー」で参戦した「XレイドMINI JCWチーム」が四輪部門で総合優勝、2連覇を飾ったことを発表した。

前年同様、サウジアラビア西部の都市ジャッドを拠点に開催された今年のダカール・ラリー2021は、全13日間の12ステージ、競技区間4400kmにわたって争われた。

レースの後半戦は、XレイドMINI JCWチームとTOYOTA Gazoo Racingのハイラックス(ナッサー・アル-アティア/マシュー・ボーメル組)との一騎打ちとなったが、ドライバーのステファン・ペテランセルとコ・ドライバーを務めたエドゥアール・ブーランジェは見事なコンビネーションで、2日目にトップに立って以降その座を譲らずフィニッシュ。表彰台の頂点を手に入れた。

ペテランセルは次のようにコメントしている。
「タフな闘いでした。後半は特にリードしている時間が長かったからプレッシャーも大きいものでしたが、大きなミスもなくほぼ完璧なレース運びだったと言えるでしょう。(コ・ドライバーの)エドゥアールが隣にいてくれたのもよかったです」

今回の優勝でペテランセル自身は4年ぶり8回目の総合優勝を達成。ちなみに2輪でも過去6回の総合優勝を経験しており、ダカール・ラリーの総合優勝は通算14回を数える。

なお、同大会では、同チームのカルロス・サインツ(ドライバー)/ルーカス・クルス(コ・ドライバー)組が総合3位を獲得し、XレイドMINI JCWチームの強さがアピールされた。

ちなみに二輪部門ではホンダ(モンスター・エナジー・ホンダ・チーム/マシンはCRF450ラリー)が1-2フィニッシュし、2年連続で二輪部門の総合優勝に輝いた。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!