「VW TSIユニット」 直噴ツインチャージャーが導いた新しいパワーユニットの時代【VW GOLF FAN Vol.11】

2021/01/16 12:00

※この記事は2007年3月に発売された「VW GOLF FAN Vol.11」から転載されたものです。

ROAD IMPRESSION
もう排気量でクルマを語る時代は終わった
ハイパフォーマンスとエコ&クリーンは両立する!!

ゴルフのダイナミックレンジに、新星GT TSIが加わった。R32を長兄とすれば、GTIは次兄、そしてこのGT TSIは末弟ということになる。ただし、この末弟はそのパワーユニットが兄弟とはまったく異なる重要な意味合いを持つ。今後のフォルクスワーゲンの屋台骨となるはずの、ツインチャージャー・エンジンを搭載するのだ!

GT TSIの、その注目のパワーユニットは、排気量わずか1.4Lの直列4気筒に、スーパーチャージャーとターボチャージャーを装着したものだ。では、この新型エンジンはどんな回り方をして、ゴルフにどんなパフォーマンスをもたらしているのだろうか。

シンプルだが十分にスポーティ

近未来に、フォルクスワーゲン(VW)のガソリン系の基幹ユニットになるとされるTSI。その新しいエンジンを搭載したクルマが日本上陸を果たした。その名はゴルフGT TSI。きわめて魅力的なゴルフである。
GTという名がつくものの、これまでのGLiと同じエンジンを搭載するGTの後継車というわけではない。ご存知のように、従来のGTは日本市場向けに特別に作られたものであり、ヨーロッパでは存在しなかったモデル。日本側のマーケティングで生まれたスポーツ仕様だった。

このGT TSIは、ヨーロッパではゴルフのダイナミックレンジの末弟として、同じく170psを実現したTDI搭載車と同時に発表されている。スーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせ、1.4Lがら2L以上の動力性能を実現、一方で優れた燃費性能も獲得しているということで、話題を呼んだものだ。それが日本に導入されたのである。

新デザインのエンジンカバーが与えられたTSIユニット。1.4Lという小排気量ながら、最高出力170ps/6000rpm、最大トルク24.5kg-m/1500~4750rpmという2.3~2.4 並みのスペックを発揮。低回転域から太いトルクを出し、高回転域での伸びもよい。

R32を頂点とするダイナミックレンジの一員であることは、そのエクステリアデザインでも表現されている。フロントは、GTI同様にバンパー下端からスタートするラインがそのままボンネットに至る、逆台形デザイン。グリルはハニカムではないが、R32と同じスリットを持つ2バーをブラックアウトしたものだ。GTIのように、赤いラインを持つわけではなく、R32のように周囲がアルミパネルになるというわけではないが、GLiやEとは明らかに違う顔が与えられている。R32やGTIには装備されるサイドシルのパネルは省かれているものの、十分スポーティな外観だ。

その優れた燃費の実現には、DSGも大いに貢献している模様。スーパーチャージャーとターボチャージャーが装着されるにもかかわらず、GLiFSIユニットとほぼ同重量とされる。

インテリアは、残念ながら、GTIベースの装備省略版ではない。どちらかといえば、GLi寄りだ。そのフロントシートは、GTIのようにサポート性を重視してハッキリとサイドの張り出しを強くしたものではなく、GTXのものと同形状(サイドの張り出しはGLiのものより強い)のスポーツシート。使う表皮は一般的なファブリックとなっている。

基本的にはこれまでのゴルフとなんら変わらない運転席回り。しかし、ステアリングはグリップ部がレザーとなって、下部にはダイナミックレンジの証ともいうべきプレートがつく。オーバーデコレートではなく、好印象。

ステアリングホイールはグリップ部がレザーとなる真円の3本スポークタイプで、R32やGTIのように下部がフラットになっているわけではない。ただし、スポークの下端にはダイナミックレンジの証となるプレートが巻かれる。ここでも、一応それなりの差はつけている。

通常、水温計が入る部位に、過給エンジンであることを示すブースト計がつく。このブースト計、常に動いていて、常にブーストがかかっていることを示す。

こうしてその成り立ちを見ていくと、突出しているように思えるのがタイヤ&ホイール。GTI同様、17インチを装着するのだ。サスペンションは、基本的なセッティングは以前の日本側のマーケティングで生まれたGTと変わらないとのことで、車高がGLiと比較して20mmのローダウンとなるスポーツサスペンション。17インチのタイヤ&ホイールとの組み合わせで、どんなハンドリングをもたらすのかが興味深かったわけだが、これが結構いいのである。

コンソールの、シフトレバーの奥には、DSGをウィンターモードにするスイッチがつく。

VW GOLF FAN Vol.11から転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!