“身の丈サイズ”なゴルフが欲しいなら?【VW GOLF FAN Vol.7】

2021/01/09 07:00

※この記事は2006年3月に発売された「VW GOLF FAN Vol.2」から転載されたものです。

やはり注目すべきはベーシックグレード

R32の登場にともなって、いよいよ完成したゴルフのラインナップ。スポーツ系ならGTIにR32、ファミリーユースならプラスにトゥーラン、セダンのジェッタや、コンパクト系のポロやルポまで視野に入れると、いまやゴルフを中核とするフォルクスワーゲンは立派な大家族だ。しかしフォルクスワーゲンというブランドが持つ魅力の多くは、実はベーシックグレードにこそ、宿っているのではないか? ほどよいサイズに高いユーティリティ、必要にして十分なパワー。そんな“身の丈サイズ”のベーシックグレードを再検証してみたい。

Introduction
ゴルフ本来の魅力はスタンダードにある

いよいよR32が登場した。ともすれば初代以上にインパクトのあったGTIだけでは飽きたらなかったらしい。ゴルフの成長っぷりには驚かされることしきりだ。
ここまで血気盛んなモデルが揃うと、ゴルフ=ホットハッチみたいな図式で捉えられがちだが、しかし昨年にはゴルフよりほんの少し背の高いゴルフプラスがデビューして、ファミリー層のハートもグッと捕らえて離さない。いまやゴルフは、大家族を構築してすべての人々のニーズに応えようとする、巨大ブランドへと昇華した。
とはいえ、ゴルフにゴルフプラス、その前後に位置するポロ、パサート、ジェッタと、ここまで豊富なラインナップが存在すると、チョイスするグレードを含めて、どのモデルがベストバイか——という悩みが発生する。もちろん、100人いれば100通りの環境や嗜好があるわけで、一概に決めつけることはできない。ただ、ひとつだけいえることは、ゴルフの主力選手はGTをはじめ、GLiやEといったスタンダードモデルであって、そこにゴルフのポリシーはすべて内包されている。
では、数あるスタンダードモデルの差異はどこにあるのか? そこで、ゴルフGLiとE、同じくゴルフプラスのGLiとEを持ち出して、徹底的に検証してみたい。スペシャルモデルは確かにすばらしいけれど、ゴルフ本来の魅力、それはスタンダードモデルにこそ宿っているのではないか。

VW GOLF FAN Vol.7から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!