アウディの本格クーペ「A5」と「A5スポーツバック」が大幅アップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2021/01/08 18:00

「A4」に続き「A5シリーズ」も内外装を一新! クリーンディーゼルも新設定

アウディ・ジャパンは、ミッドサイズ4ドアクーペの「A5/S5スポーツバック」および2ドアクーペの「A5/S5クーペ」を大幅刷新。1月13日(TDIモデルは2月以降予定)より、全国の正規ディーラーを通じて発売を開始する。消費税込みの車両本体価格は、A5/S5スポーツバックが6,160,000円~9,260,000円。A5/S5 クーペは6,430,000円~9,260,000円となる。

2017年に2世代目へとフルモデルチェンジした「アウディA5/S5シリーズ」は、「美しさとスポーティな走りと実用性の融合」という初代以来の持ち味にさらに磨きをかけ、最新のデジタル技術を投入。同時にデザイン、品質、走行性能などを大幅に向上させて世界的に高い人気を博した。

今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅にアップデート。全グレードでハニカムメッシュグリルや往年のアウディ・スポーツ・クワトロを彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートを装備し、より一層スポーティに仕立てている。

グレードも見直され、新たに「advanced」と「S line」で構成。advancedは従来のS lineよりもさらにスポーティな位置づけとなり、大型のフロントブレードレートやマトリクスLEDヘッドライトを標準で装備。一方、新しいS lineには力強い「RS5」のデザイン要素が盛り込まれた。また、A5/S5全グレードを対象にアウディとしてはこのクラス初となるレーザーライトパッケージをオプション設定している。

インテリアには、最新のインフォテインメントシステムMIB3を初採用。10.1インチにサイズアップしたセンタースクリーンはタッチパネル式となり、操作性の向上を図るとともによりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現した。また、S lineとS5には新装備のブラックグラスルックコンソールパネルとアーティフィシャルレザー(センターコンソール/ドアアームレスト)を採用、さらに質感が高められている。加えて歩行者検知機能付きアウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールを標準装備。ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムをより一層充実させている。

パワートレインも新しくなり、「45TFSIクワトロ」では2L直列4気筒直噴ターボエンジンに12Vマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載。また、より効率を高めたAWDクラッチ付きクワトロ四輪駆動システムを採用し、トランスミッションは7速Sトロニックを組み合わせた。これにより、エネルギー回生効率を高めコースティング(惰力走行)時にエンジンを完全停止するなど、燃料消費量を抑制しながら快適なドライビングを実現する。

また、A5シリーズでは初めてクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが設定されたこともニュースだ。スポーツバックには、2L直列4気筒直噴ターボディーゼルエンジンと12V MHEVを組み合わせて搭載した前輪駆動モデルの「A5スポーツバック35TDI」を用意。さらに高出力化した2L直列4気筒直噴ターボディーゼルにクワトロ四輪駆動システムを組み合わせた「40 TDIクワトロ」をA5スポーツバックとA5クーペに設定している。

A5シリーズの高性能バージョンである「S5スポーツバック」および「S5クーペ」には8速ティプトロニックを組み合わせ、クワトロ四輪駆動システムによりパフォーマンスを余すところなく発揮する。また、ダンピングコントロールSスポーツサスペンションにより俊敏なハンドリング性能を実現。エクステリアは、Sモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルや前後バンパー、エアインレット、新デザインの19インチアルミホイールを採用。加えて、インテリアではアルカンターラ/レザー(ダイヤモンドステッチ)のSスポーツシート(マッサージ機能付き)を標準装備する。なお、A5/S5シリーズの外装色にはディストリクトグリーンメタリック、ならびにS5およびS line専用のクワンタムグレーおよびターボブルーを新たに設定している。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!