【スクープ】トヨタの欧州向けコンパクト「アイゴ」の次期型はクロスオーバースタイルに?

2020/12/30 12:00

次期「アイゴ」ではゼロエミッションのパワーユニットもラインアップ?

トヨタが欧州で販売するAセグメントモデル、「アイゴ」の次期型プロトタイプがカメラに捉えられた。アイゴは、PSAとの合併会社「TPCA」により開発されたコンパクトハッチ。初代は2005年に登場。「プジョー107」や「シトロエンC1」とは一部コンポーネントを共有する兄弟モデルで、現行型は2014年に発売。次期モデルは、7年振りのフルモデルチェンジとなる。

今回キャッチされたテスト車両は、ナンバーこそ同じだが中身は異なっていた。フロントから撮影されたものは、生産仕様のボディとヘッドライトを備える完全な次期型アイゴだったが、リヤから捉えたものは欧州仕様の現行「ヤリス」のボディで艤装されていたのだ。

この次期アイゴは、現行のハッチバックスタイルからクロスオーバーデザインになるとも噂されている。事実、プロトタイプはボディをリフトアップ。Cピラー以降に厳重なカモフラージュが施されるなど、その噂を裏付けるような姿だった。

ちなみに、現行型のパワーユニットは1L直列3気筒自然吸気を搭載しているが、次期型ではガソリンエンジンに加え新たにゼロエミッションモデルが設定される可能性が高い。トヨタは現在でも年間10万台のアイゴを生産しているが、次期型ではクロスオーバースタイルの採用をテコに一層の飛躍を計画しているという。この次期アイゴのワールドプレミアは、早くて2021年終わりとの説が現段階では有力だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!